エチオピア戦争(読み)エチオピアセンソウ

デジタル大辞泉 「エチオピア戦争」の意味・読み・例文・類語

エチオピア‐せんそう〔‐センサウ〕【エチオピア戦争】

イタリアエチオピア侵略した2回の戦争。第一次(1895~96)ではエチオピアに撃退されたが、ファシスト政権下の第二次(1935~36)の侵略でエチオピアを併合。アビシニア戦争。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「エチオピア戦争」の意味・読み・例文・類語

エチオピア‐せんそう‥センサウ【エチオピア戦争】

  1. イタリアのエチオピアに対する侵略戦争。一八九三~九六年の第一次侵略で完敗したが、一九三五~三六年の第二次侵略で勝ち、エリトリアソマリアに併合してイタリア領東アフリカを形成した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版 「エチオピア戦争」の解説

エチオピア戦争
エチオピアせんそう

イタリアの2回にわたるエチオピアへの侵略戦争
【第1回】1895 イタリアはエリトリア方面から侵略を開始したが,フランス支援をうけた原住民によりアドワ戦いで大敗して失敗
【第2回】1935〜36 ファシスト政権の武力侵略に対し,国際連盟は対伊経済制裁を決定したが効果なく,1936年エチオピアは併合された。これは国際連盟の無力を示し,ドイツ・イタリアの接近を招いた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「エチオピア戦争」の意味・わかりやすい解説

エチオピア戦争 (エチオピアせんそう)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「エチオピア戦争」の解説

エチオピア戦争(エチオピアせんそう)

イタリア‐エチオピア戦争

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

世界大百科事典(旧版)内のエチオピア戦争の言及

【イタリア・エチオピア戦争】より

…19世紀末以降,イタリアが2度にわたってエチオピアに対して行った侵略戦争。イタリアは1880年代にエチオピアのアッサブからマッサワに至る紅海沿岸に進出し,90年1月この地域をエリトリア植民地として支配下においた。一方1889年エチオピア皇帝位継承争いに乗じてショア王(のちエチオピア皇帝)メネリクと友好通商協定(ウッチャリ協定)を結び,エチオピアの保護領化を狙った。93年メネリクは協定を破棄してイタリアの干渉を排除しようとしたが,イタリアはエリトリア植民地を拠点としてエチオピアへの軍事侵略を続けた。…

※「エチオピア戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android