コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エナガ エナガ Aegithalos caudatus; long-tailed tit

3件 の用語解説(エナガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エナガ
エナガ
Aegithalos caudatus; long-tailed tit

スズメ目エナガ科。全長 13cm。尾が非常に長く,全長のおよそ半分を占める。二十数亜種に分類されるが,羽色から,頭部全体が白い北方系のものと,後頭部の黒色部に連なる太い黒色眉斑のある南方系のものとに大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エナガ

エナガ科の鳥。翼長6cm,尾が長い。頭部は白く,黒く太い眉斑があり,背面は黒色,淡赤色,白色が混じる。ユーラシア大陸中部に広く分布し,日本では全国の平地〜低山の林に群生。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エナガ
えなが / 柄長
long-tailed tit

広義には鳥綱スズメ目エナガ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。種としてのエナガAegithalos caudatusは全長14センチメートルで尾が長い。体は白く、後部にブドウ色があり、目からうなじ、上背、肩、翼、尾は黒色。ユーラシアの中緯度地方に広く分布し、日本では九州以北のいずれの地方にもいる留鳥である。北海道のものは頭に黒い部分がなくて白い。低山帯や平地の樹林に多く、とくに落葉広葉樹林や針葉樹との混合林を好む。樹林の林縁やクリやナラにマツを交えた二次林でよくみかける。樹木の小枝に逆さにぶら下がって餌(えさ)をとり、昆虫、果実、樹液などを食べる。冬は10羽前後の群れで生活し、群れごとの縄張りがある。繁殖期にはつがいに分かれて、コケをクモの卵嚢(らんのう)、ガの繭などの虫の糸で織り込んで袋状の巣をつくる。雛(ひな)の給餌(きゅうじ)は両親ですることがある。
 エナガ科Aegithalidaeは7種知られており、ユーラシア大陸と北アメリカに分布し、ヒマラヤとその周辺には4種が集中している。北アメリカのものはヤブガラPsaltriparus minimus1種で、色は鈍い草色である。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エナガの関連キーワード柄長紅雀大雪加雀蛾紅天蛾すずめやアカエソエナガ(柄長)ダルマエナガ(達磨柄長)スズメ目

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エナガの関連情報