エピキュリアン(読み)えぴきゅりあん(英語表記)epicurean

翻訳|epicurean

日本大百科全書(ニッポニカ)「エピキュリアン」の解説

エピキュリアン
えぴきゅりあん
epicurean

狭義には、古代ギリシアの哲学者エピクロスの哲学説を信奉、継承する人をいう。すなわち、その原子論的自然観と快楽主義的倫理観を継承する人であり、近代ではガッサンディ、ホッブズ、コンディヤックがその代表者である。広義には、快楽主義、享楽主義的な生き方を信条とする人をいい、粗野な肉体的快を追求する者である場合も、洗練された精神的快を追求する者である場合もある。

[加藤信朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「エピキュリアン」の解説

エピキュリアン

〘名〙 (epicurean)
① エピクロス門下の人々。また、俗に、官能的、刹那的な快楽を追い求める人のこと。快楽主義者。享楽主義者。
※路上(1919)〈芥川龍之介〉三〇「僕はボヘミヤンだ。君のやうなエピキュリアンぢゃない」
② 美食家。食道楽。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android