コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピダウロス エピダウロスEpidauros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピダウロス
Epidauros

古代ギリシアペロポネソス半島東部のアルゴリスにあった都市。医神アスクレピオス神域があり,その信仰は前5世紀末から盛んになって,ギリシア各地から治癒を求める人々が集った。壮麗な劇場をはじめ多くの遺跡が現存している。 1988年世界遺産の文化遺産に登録。

エピダウロス
Epidauros

エピダウロス・リメラともいう。古代ギリシア,ペロポネソス半島のラコニア東岸にあった都市。アルゴリスのエピダウロス植民者によって建設された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エピダウロス(Epidaurus)

ギリシャ、ペロポネソス半島東部のアルゴリダ丘陵にある古代遺跡。医神アスクレピオスの生誕地とされ、古くから多くの巡礼者を集めた。紀元前4世紀に最盛期を迎え、アスクレピオス神殿を中心に、医療・入浴施設や野外劇場・音楽堂などを備えた。1988年に「アスクレピオスの聖地エピダウロス」として世界遺産(文化遺産)に登録された。エピダブロス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エピダウロス

ギリシア,ペロポネソス半島東部,サロニカ湾に面した港町。かつて港の西方医術の神アスクレピオス聖域があり,前6世紀ごろから,病気の回復を願う人々が訪れた。前4世紀末以降,アスクレピオスをまつる神殿建立

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エピダウロス【Epidauros】

ギリシアのペロポネソス半島北東部,サロニカ湾に面した古代の港町。港の西約9kmの所に医神アスクレピオスの聖域があったことで知られ,国外からも病気平癒を願う人々が訪れた。当地でこの信仰が始まったのは前7世紀のことであるが,聖域の重要な建物はすべて前4世紀以降のものである。前390‐前80年ごろのアスクレピオス神殿(ドリス式,6×11柱)は黄金象牙の本尊座像を安置し,ティモテオスTimotheosが装飾した破風彫刻(アテネ国立考古美術館蔵)は重要な遺品である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エピダウロス
えぴだうろす
Epidauros

ギリシア南部、ペロポネソス半島アルゴリス地方東岸の古代都市。古来、医神アスクレピオス崇拝の聖地として知られていた。初めイオニア人の町であったがドーリス人の侵入によって追われた。その後ドーリス人ポリス(都市国家)としてのエピダウロスは、アイギナ、小アジア沿岸、近隣諸島に植民を行い、商業的繁栄を遂げた。しかしアイギナの興隆によって没落し始め、紀元前6世紀には商業活動はほとんどアイギナ人の手に移った。国制は、当初王政であったが、貴族政にとってかわられ、僭主(せんしゅ)プロクレスの追放後、寡頭政を維持し続けた。ペロポネソス戦争中、アルゴスの侵略を受けたが、これを撃退した。ローマ時代には、アスクレピオス神殿のある港湾都市にすぎなくなってしまった。なお、前4世紀に建てられた円形劇場などが残るエピダウロスの遺跡は1988年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[古川堅治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエピダウロスの言及

【アスクレピオス】より

…しかしその卓越した医術は,やがて死者を蘇生させる力さえもつまでに至ったので,彼は自然の理法が覆ることを恐れたゼウスの雷霆(らいてい)にうち殺され,へびつかい座の星になったという。ペロポネソス半島のエピダウロスには,アスクレピオス崇拝の中心地となった壮大な神域があり,病人は神殿内で就寝中に神の恩寵にあずかって癒やされたと伝えられる。ローマへは,疫病が大流行した前293年,医神の娘で健康の女神ヒュギエイアHygieia(ラテン名サルスSalus)とともにエピダウロスからその崇拝が移入され,テベレ川の中州の神殿に分祠された。…

【アルゴリス】より

…前5世紀には,ミュケナイ,ティリュンス,ナウプリア,アシネなどアルゴス平野の諸市がアルゴスに併合されている。アルゴスの力のおよばないこの地方の東部には,エピダウロス,ヘルミオネ,トロイゼンなどの諸市があったが,なかでもエピダウロスは,医学の神アスクレピオスの神域と野外円形劇場の遺跡によって名高い。アルゴリス北部の都市クレオナイの領域内に含まれるネメアNemeaも,ゼウス神殿とその祭典に伴って催される体育競技とによって,古代ギリシア人の間で宗教上の一中心地としての役割を果たした。…

【劇場】より

…ヘレニズム期までには,オルケストラ背後の人工の高台にスケネskēnēと呼ばれる楽屋としての機能をもつ建物が造られ,その高台上のスケネ前の奥行きの浅い空間プロスケニオンproskēnionが俳優の演技の場として確立した。この時期の劇場のようすを知る好例はギリシアのエピダウロスの劇場の遺構(前4世紀)である。しかし古代ギリシアではこの例に見るごとく,劇場は屋外で,しかも自然の斜面を利用して観客席を造らなければならなかった。…

※「エピダウロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エピダウロスの関連キーワードアテネ・エピダウロス・フェスティバルイプシランディス(弟)アテネ(ギリシア)マブロコルダトスポリュクレイトスアスティパレア島エピダウロス遺跡オーディトリアムアルゴリコス湾コロコトロニスナフプリオンプロピライアギリシア美術オグルニウスコレッティスチモテオスコス[島]トロスコス島神託

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エピダウロスの関連情報