コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピメテウス エピメテウス Epimetheus

5件 の用語解説(エピメテウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピメテウス
エピメテウス
Epimetheus

ギリシア神話の神。ティタンイアペトスオケアノスの娘クリュメネまたはアシアの間に生れた息子たちの一人。知恵者の兄弟プロメテウスと対照的に愚か者だった彼は,プロメテウスの注意を無視して,ゼウスが人類の不幸のために彼のもとに送ってよこしたパンドラを妻にもらい受けてしまった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エピメテウス(Epimetheus)

土星の第11衛星。1966年に発見。名の由来はギリシャ神話の神。公転軌道がヤヌスとほぼ同じで、およそ4年に一度、接近して運動エネルギーを交換しつつ軌道が入れ替わる。非球形で平均直径は約110キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

エピメテウス

日本のテレビアニメ『アイドルマスターXENOGLOSSIA』(2007年)に登場する人型重機、iDOL。量産型。愛称は「エピちゃん」。

エピメテウス

田中芳樹原作のSFアニメ銀河英雄伝説シリーズに登場する宇宙戦艦。自由惑星同盟軍の第11艦隊旗艦。アキレウス級戦艦の発展型。全長1230メートル

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エピメテウス
えぴめてうす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エピメテウスの関連キーワードエイレイテュイアガイアディアナティタンヒュギエイアヒュペリオンボレアスギリシャ神話ティタノマキア《ギリシア神話》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone