コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エペ エペépée

翻訳|épée

3件 の用語解説(エペの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エペ
エペ
épée

フェンシングに用いる剣の一種。またそれを用いて行なう男子のみの競技種目。剣は「決闘の武器」と呼ばれ,全長 110cm,剣身 90cm,最大重量 770gで,剣身横断面は三角形。攻撃は突き (トゥシュ) のみで5本先取で勝ちとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エペ(〈フランス〉épée)

フェンシングに用いる鋼鉄製の剣。また、それを用いる競技。もと決闘用の細身の剣で、突きだけが認められている。1900年からオリンピック種目近代五種競技の一。→フルーレサーブル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

エペ【épée】

フェンシング用の剣で、鍔つばの大きい硬直なもの。また、それを用いたフェンシング競技の種目。攻撃は突きだけに限られるが、全身のどの部分を突いてもよい。 → フルーレサーブル

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエペの言及

【フェンシング】より

…白いユニフォームを着て金網のマスクをかぶり,片手に剣をもった剣士が台(ピスト)の上で1対1で突き,あるいは斬りを争う。使用する剣により,フルーレ,エペ,サーブルの3種に分けられる。
[歴史]
 刀剣を操作する技術をみがくための訓練や模擬試合はきわめて古くから行われていたが,フェンシングの直接の起源は中世の騎士の技芸であり,15世紀ころ発生したといえる。…

※「エペ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エペの関連情報