コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリセーエフ エリセーエフSergey Grigor'evich Eliseev

デジタル大辞泉の解説

エリセーエフ(Sergey Grigor'evich Eliseev)

[1889~1975]ロシア生まれの日本学者。ハーバード大教授。1908年に来日し、東大に学ぶ。ロシア革命後はフランスに亡命・帰化。渡米後、エドウィン=ライシャワードナルド=キーンら多くの日本研究者を育てた。東京神田の古書店街の空襲防止に尽力したとされる。著「赤露の人質日記」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エリセーエフ

ロシア生れの日本学者。1908年から6年間東京帝国大学国文科で学び,夏目漱石とも親交があった。帰国してロシア革命が起きるとフィンランドへ逃れ,1921年パリに出て,1931年フランスに帰化。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

エリセーエフ Eliseyev, Sergey Grigoriyevich

1889-1975 ロシアの日本学者。
1889年1月13日生まれ。明治41年来日し,東京帝大でまなぶ。大正3年帰国,のちペトログラード大で日本語講師となる。ロシア革命で亡命し,パリで日本紹介をおこなう。1934年ハーバード大教授となり,E.ライシャワーらをそだてた。1975年4月13日死去。86歳。著作に「赤露の人質日記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エリセーエフ【Sergei Grigorievich Eliseev】

1889‐1975
ロシア生れの日本学者。自ら英利世夫と称した。富裕な商人の家庭に生まれ,ベルリン大学に在籍したのち,1908年から6年間東京帝国大学国文科で学び,夏目漱石小宮豊隆と親交を結ぶ。帰国後ペトログラード大学で日本語の講師となるが,ロシア革命に際会して20年フィンランドに脱出する。革命政権下での苦難にみちた体験は日本語で書いた《赤露の人質日記》(1921)に詳しい。21年パリにおもむき,31年フランスに帰化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エリセーエフ【Sergei Grigor'evich Eliseev】

1889~1975) ロシア生まれの日本学者。1908~14年東京帝大に学び、小宮豊隆・夏目漱石らと交わる。ロシア革命に際しパリに亡命、のちハーバード大学で日本語・日本文学を講じ、多くの日本学者を養成した。著「赤露の人質日記」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエリセーエフの言及

【日本研究】より

…同様に東洋語学者N.A.ネフスキーはアイヌ語,琉球語の研究に従事した。東大国文科に学んだS.G.エリセーエフは,一時ペトログラード大学の教壇に立ったが,革命後亡命し,フランスとアメリカ合衆国で多数の日本研究者を育てた。他方,文学,言語学から歴史までの広い範囲にわたって活躍したN.I.コンラッドは,ソビエト期の日本研究者の養成に大きな役割を果たした。…

※「エリセーエフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エリセーエフの関連キーワード黒人問題谷川俊太郎[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門三東ルシア採石業深作欣二森鴎外広島(市)エリセーエフ