コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリニュス エリニュスErinyes

5件 の用語解説(エリニュスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリニュス
エリニュス
Erinyes

ギリシア神話の復讐の女神たち。クロノスウラノスの局部を切落したときの血のしたたりを受けた大地から生れたとされる。普通はアレクトティシフォネメガイラの3人とされる。翼をもち,頭髪はへびで,炬火をもって罪人を追い,狂わせる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エリニュス(Erīnūs)

ギリシャ神話の、三人の復讐の女神。頭髪は蛇で翼があり、鞭(むち)と炬火(たいまつ)を手に罪人を追及して発狂させるという。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エリニュス

ギリシア神話の復讐(ふくしゅう)の女神。複数形エリニュエスErinyes。有翼,蛇の頭髪,松明(たいまつ)を持つ姿で表され,尊属殺人者に特にきびしく報復する。通常,アレクト,メガイラ,ティシフォネの3姉妹がエリニュエスに数えられる。
→関連項目オレステス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エリニュス【Erinys】

ギリシア神話の復讐の女神。複数形エリニュエスErinyesはその総称。肉親間の犯罪,とくに殺人をきびしく追及する。ヘシオドスの《神統記》によれば,天空神ウラノスの陽物をその子クロノスが切り落としたとき,滴り落ちた血で大地ガイアがみごもって生まれたという。彼女たちは,普通,有翼で,頭髪は蛇,手に松明(たいまつ)を持って罪人を追い,これを狂わしめると考えられ,その憂き目にあった人間として,いずれも母親を殺したアルクマイオンオレステスが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

エリニュス【Erīnys】

ギリシャ神話で、自然の法を犯した罪に対する三人の復讐の女神。特に、血縁間の殺人の罪をきびしく追及し、罪人を追いつめて苦しめる復讐神。頭髪は蛇で、翼があり、手に鞭むちと松明たいまつを持つ姿で表される。複数形エリニュエス。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエリニュスの言及

【オレステイア三部作】より

…第1部ではトロイア遠征に勝利を得て帰還したアガメムノンを,王妃クリュタイムネストラ(クリュタイメストラ)が愛人アイギストスAigisthosと共謀して暗殺する夫殺し,第2部では難を逃れて成人した王子オレステスが帰国して姉エレクトラと再会し,計略で王妃らを殺す母殺しを描く。第3部ではその罪のため復讐霊エリニュエス(エリニュス)に追われるオレステスがアテナイで女神アテナの裁きを受ける。エリニュエスとアポロンは母子の関係と婚姻関係の重要性をめぐって論争するが,女神はオレステスを無罪放免する。…

【オレステス】より

…成人後,父の仇を報ぜよとのアポロンの神託をうけた彼は,生涯の友となったピュラデスと故国に帰り,母とその情人を討った。しかし,アイスキュロスの悲劇〈オレステイア三部作〉によれば,母殺しの罪は復讐の女神エリニュスたちの追及を招き,彼は半狂乱のうちに各地をさまようが,最後にアポロンの命でアテナイに赴き,アレオパゴスの法廷で無罪を宣告された。のちヘレネの娘ヘルミオネHermionēを妻とし,父の王国を治めたという。…

※「エリニュス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone