コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルスハイマー Elsheimer, Adam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルスハイマー
Elsheimer, Adam

[生]1578.3.18. フランクフルトアムマイン
[没]1610.12.11. ローマ
ドイツの画家。フランクフルトの画家 P.ウッヘンバハのもとで修業。 1598年にはベネチアの H.ロッテンハンマーのもとで制作。 1600年から死ぬまでローマで制作。カラバッジオカラッチ,ルーカス・ファン・ファルケンボルヒなどの影響を受けながら独自の画境を開き,神話的および宗教的主題の小品のなかで,北方のロマン的ビジョンとイタリア的明瞭性とを調和させた理想風景を明暗豊かに描き,ルーベンスをはじめレンブラントロランなどに大きな影響を与えた。作品は『キリストの洗礼』 (1600頃,ロンドン,ナショナル・ギャラリー) ,『エジプトへの逃避』 (09,ミュンヘン,アルテ・ピナコテーク) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エルスハイマー【Adam Elsheimer】

1578‐1610
ドイツの画家。フランクフルト・アム・マインに生まれ,同地でウッフェンバハPhilipp Uffenbachからデューラーの伝統を,フランケンタールに亡命中のファン・コニンクスローからフランドルの風景画様式を学ぶ。1598年にベネチアに赴いて同国人ロッテンハンマーHans Rottenhammerの工房で制作。1600年以後没するまでローマで活動し,カラッチおよびカラバッジョの自然主義的傾向,とりわけ後者の明暗法に影響をうけつつ,宗教的・神話的主題を詩情に富む風景と結びつけた小絵画を制作した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルスハイマー
えるすはいまー
Adam Elsheimer
(1578―1610)

ドイツの画家。フランクフルト・アム・マインに生まれ、ローマで没。20歳でイタリアへ赴いたと推定され、ベネチアでロッテンハンマーHans Rottenhammer(1564―1625)に学ぶ。1600年ローマに行きカラバッジョの影響を受けて独自の様式を確立した。それは聖書や神話の人物を配した理想主義的な風景画で、銅板のごく小さい画面のなかに、当時始まりつつあったバロックの壮大さと明暗の劇的な対比を盛って、この様式の尖兵(せんぺい)となった。親交のあったルーベンスは彼の夭逝(ようせい)に哀悼を捧(ささ)げ、ロランはこの先達に負うところが大きい。『エジプトへの逃避』(ミュンヘン、アルテ・ピナコテーク)は代表作。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエルスハイマーの言及

【バロック美術】より

…他方,ミラノで修業したロンバルディア出身のカラバッジョも,1590年ころローマにあって,リアリズムと明暗様式を特色とする宗教画によって大成功をおさめ,この両者の勢力がツッカロらの後期マニエリスムを圧倒し,新時代を画した。カラバッジョの流派からは,ジェンティレスキ,サラチェーニCarlo Saraceni(1579‐1620),マンフレディBartolomeo Manfredi(1587ころ‐1620か21),ボルジャンニOrazio Borgianni(1578ころ‐1616)など,迫力ある明暗様式の画家が輩出したほか,17世紀初頭にローマにあったオランダのテルブリュッヘン,ファン・ホントルスト,ファン・バブーレンDirck van Baburen(1595ころ‐1624),ドイツのエルスハイマー,フランスのバランタン・ド・ブーローニュ,ブーエ(彼はボローニャ派との折衷派であった),いわゆる〈バンボッチアンティ〉と呼ばれた北方出身の風俗画派のリーダーでオランダ人のファン・ラールPieter van Laer(1599ころ‐1642ころ)などは,みなカラバッジョ主義者となり,各々自国にこの様式を伝え,17世紀ヨーロッパ芸術の土台をつくった。 ローマ・カトリック教会が安定期を迎えるに及んで,教皇ウルバヌス8世(在位1623‐44)の信任をうけた巨匠ベルニーニの登場とともに盛期バロック期に入る。…

※「エルスハイマー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エルスハイマーの関連キーワードロラン(Claude Lorrain)キャビネット・ペインティングデ・モンペルバロック美術3月18日ドイツ美術テニールスラストマンウィッテブリル

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android