コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレファンタ島 エレファンタとう Elephanta Island

2件 の用語解説(エレファンタ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレファンタ島
エレファンタとう
Elephanta Island

インド西部,マハーラーシュトラ州西部,ムンバイ (ボンベイ) 港の東沖約 10kmにある周囲 7kmの島。8~9世紀のヒンドゥー教の石窟群で知られる。石窟は未完成のものを含めて全部で8つあり,北岸に近い第1窟が特に大きくすぐれており,第2窟と第8窟は未完成のままである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エレファンタ‐とう〔‐タウ〕【エレファンタ島】

Elephanta Island》インド西部、マハラシュトラ州の都市ムンバイの沖合、アラビア海のムンバイ湾に浮かぶ島。名称は、16世紀にポルトガル人が上陸し、ゾウの石像を発見したことに由来する。6世紀から8世紀頃に造られた五つのヒンズー教石窟寺院があり、三面のシバ神像をはじめ、同国を代表するヒンズー教美術の宝庫として知られる。1987年に「エレファンタ石窟群」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレファンタ島の関連キーワードターナナーグプルナーシクマラーティー語マハラシュトラコールハープルプネーナームデーオマハーラーシュトラ[州]マハーラーシュトリー語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone