コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンゲルの法則 エンゲルのほうそく Engel's law

翻訳|Engel's law

5件 の用語解説(エンゲルの法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンゲルの法則
エンゲルのほうそく
Engel's law

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面における水準を知るうえで重要な要素となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エンゲル‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【エンゲルの法則】

家族の所得が増えるにつれて家計の消費支出総額中に占める食料費の割合は小さくなるという法則。エンゲルベルギーの労働者の家計調査から明らかにしたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

エンゲルの法則

 所得が少ないほどエンゲル係数が高いという法則.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エンゲルのほうそく【エンゲルの法則】

エンゲルが家計調査から発見した法則で、所得水準が高くなるに従ってエンゲル係数が低下すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンゲルの法則
えんげるのほうそく
Engel's law

ドイツの統計学者エンゲルが、19世紀中ごろのベルギーの労働者の家計調査に基づいて明らかにした経験法則をいう。一般に、人々の欲望はすべてが同じ順位にあるのではなく、飲食物に対する欲望が第1位にあり、被服の欲望がそれに続き、さらに住居や光熱への欲望が続くという傾向がある。したがって、貧しい家計ほど総支出のなかでより大きな割合が飲食費に費やされ、所得の高い家計ほど飲食費の割合は小さくなるという規則性(エンゲルはそれを自然法則とよんだ)がある。後年そのような規則性を、発見者の名にちなんでエンゲルの法則とよぶようになった。その後エンゲルの研究の後を追っていくつかの調査が行われ、たとえばドイツの統計学者シュワーベは、ベルリンの家計調査に基づいて、支出総額のなかに占める住居費の割合が、所得の高いものほど小さくなる傾向があることを明らかにしている(シュワーベの法則という)。
 所得水準が違うと消費構造(消費品目の構成比)が異なってくるのは、所得の変化に伴う消費の変化が、品目ごとにかならずしも一様ではないことに起因する。現代の経済学における家計の消費分析では、エンゲルの法則はより一般化され、所得とある商品の消費量との間の関係を示すエンゲル関数としてとらえられる。その関数をグラフに描いたものがエンゲル曲線である。ただし通常のエンゲル曲線は、所得とある商品の消費量との間の関係を図示するものであるから、食料品などのように複数の種類の商品をひとまとめにして表す品目については、消費量を集計できず、エンゲル曲線は描けない。それにかわるものが、ある費目の消費支出額と総支出額との間の関係を図示するエンゲル支出曲線である。
 エンゲルは、同じ時期の異なった所得階層間の所得と食料費支出を関連づける資料(そのような資料をクロス・セクション資料という)から規則性を導き出したが、同様の関係は、異なった年度における所得の変化と食料費支出の変化を関連づける資料(時系列資料という)から導き出すこともできるであろう。しかし時系列資料の場合には、所得の変化に伴う消費構造の変化が、クロス・セクション資料の場合とはかならずしも同じ動向を示さないこともある。時系列資料では、異なった年度の物価体系や生活習慣が変わってくるからである。[志田 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエンゲルの法則の言及

【エンゲル法則】より

…その法則の発見者C.L.E.エンゲルの名にちなんでこう呼ばれる。〈エンゲルの法則〉ともいう。エンゲルは,1857年に著した論文〈ザクセン王国における生産および消費事情〉の中で,E.デューペショーやル・プレーらの行った家計調査資料をもとに,世帯の所得水準と食費の関係に一つの安定的法則性のあることを発見した。…

※「エンゲルの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エンゲルの法則の関連キーワードエンゲル係数国民総支出実収入シングル家計支出税エンゼル係数コンバインドレシオ自由裁量所得復帰後の奄美エンゲル法則

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone