コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンコミエンダ制 エンコミエンダセイ

デジタル大辞泉の解説

エンコミエンダ‐せい【エンコミエンダ制】

16世紀から18世紀半ばにかけて、中南米のスペイン植民地で実施された封建的土地支配制度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エンコミエンダせい【エンコミエンダ制】

一六世紀以降中南米のスペイン植民地で実施された労働力の寄託制度。植民者にインディオの労働力と徴税を認めるのと引きかえに、インディオの保護とキリスト教化を義務化。インディオ搾取に利用された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android