コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンテレケイア エンテレケイアentelecheia

4件 の用語解説(エンテレケイアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンテレケイア
エンテレケイア
entelecheia

アリストテレスの用語で,終極状態にあることを意味する。彼によれば,生成は可能態にある質料が目的 telosである形相を実現することにあり,その実現された状態もしくは形相そのものがエンテレケイアである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エンテレケイア(〈ギリシャ〉entelecheia)

アリストテレス哲学で、デュミナス(可能態)としての質料がその形相を実現して現実に存在し、そのものの機能を十分に発揮している状態。完全な現実態。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

エンテレケイア

アリストテレスの用語の一つ。エネルゲイアenergeiaと同義にも。〈完全現実態〉と訳。完了,完成された現実性の意。とくにドイツ語エンテレヒーEntelechieといわれる場合は,H.ドリーシュの生気論における非物質的・精神的生命概念を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

エンテレケイア【entelekheia】

アリストテレスの用語。あるものがその可能性を完全に実現して、その目的に到っている状態。可能態(デュナミス)に対する。 → エネルゲイア
生命体の活力・生命力。目的へと完成し全体化する非物質的な力・原理。ドイツの生物学者ドリーシュ(H. Driesch1867~1941)らの生気論の原理となる。エンテレキー。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のエンテレケイアの言及

【エネルゲイア】より

…その語義は〈エルゴンergon〉(仕事,活動,またはその成果,作品)から派生したもので,現に活動しているという動的な現実も,完成されてあるという静的な現実も示す。〈エンテレケイアentelecheia〉(完成態,完全現実態)とも事実上同義で多く互換的に用いられる。彼は技術による製作も自然界の生育も,ともに可能態=質料(素材)から目的としての現実態=形相への移行としてとらえる。…

【生気論】より

…このように物理的化学的説明を認めたうえでなお生物独自の原理を主張する立場を〈新生気論〉といい,この立場をとるラインケJohannes Reinke(1849‐1931)らの生物学者は〈ケプラー連盟〉を結成してE.H.ヘッケルの〈一元論者連盟〉に対抗した。ドリーシュのエンテレヒー概念はアリストテレスのエンテレケイアentelecheiaから借りたものであるが,それは秩序を制御するものであって,今日の情報概念に近く,過去の生気論も情報という観点から再評価されつつある。【坂本 賢三】。…

【西洋哲学】より

… このように,プラトンが〈形相‐質料〉という静態的カテゴリーでとらえていた世界を〈可能態‐現実態〉という動的カテゴリーでとらえなおすことによって,アリストテレスはプラトンのイデア論を修正し,それをギリシアの伝統的なフュシス的存在理解と調停しようとしたのである。しかし彼もすべての存在者の合目的的運動の終局(テロスtelos)にあってその運動を導く最高目的として,もはやおのれのうちにいかなる可能性をも残さず,すべての可能性が現実化された〈完全現実態(エンテレケイアentelecheia=テロスに達した状態)〉である〈純粋形相〉つまり超自然的な〈神〉を想定し,それによって世界の存在を基礎づけようとする以上,最終的にはやはりプラトンの形而上学的思考様式を継承していると見られよう。ところで現実態を意味する〈エネルゲイア=エルゴンergon(作品・成果・能力の発現)に達した状態〉は中世のスコラ哲学のもとでactualitasとラテン訳され,さらにこれが近代のドイツ哲学ではWirklichkeitと訳されることになる。…

※「エンテレケイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone