コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エープリルフール エープリルフール April fool

翻訳|April fool

3件 の用語解説(エープリルフールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エープリル‐フール(April fool)

4月1日の午前中に、罪のないうそをついて人をかついでも許されるという風習。また、4月1日のこと。あるいは、かつがれた人のこと。四月ばか。万愚節。 春》
[補説]西洋もしくはインドに始まる風習で、日本には江戸時代に中国から伝わったといわれる。「エープリルフール」という言葉は大正時代に定着。フランスではポアソンダブリル(四月の魚)とよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

エープリルフール

4月1日の午前中に軽いうそをついて人をかついでも許されるという風習。また、かつがれた人。もと欧米の習慣。四月馬鹿。万愚節(ばんぐせつ)。季語・春(広辞苑から)     □    □ 朝日新聞宮城版では昨年の「仙台市が全国初のエスカレーター条例制定へ」に続き、ことしもエープリルフールに「うそ記事」を掲載しました。左上の伊達政宗騎馬像が消えた写真は加工してあります。 昨年は「新聞はうそを書くな」といった批判と、「おもしろかった」との反響がほぼ同数、寄せられました。さて、ことしはどうでしょうか?

(2014-04-01 朝日新聞 朝刊 宮城全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エープリルフール【April fool】

4月1日の午前中は、軽いいたずらでうそをついたり、人をかついだりしてもとがめられないという風習。一八世紀頃から西洋に起こり、大正頃から日本にも伝わる。万愚節。 [季] 春。
の日にかつがれた人。四月馬鹿。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エープリルフールの関連キーワード一食五更べそをかく戊夜妄語戒ペテンレモンは嘘をつかないETCを使った通行料金の割引制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エープリルフールの関連情報