コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウサマペンギン Aptenodytes patagonicus; king penguin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オウサマペンギン
Aptenodytes patagonicus; king penguin

ペンギン目ペンギン科。全長 85~95cm。コウテイペンギンに次ぐ大型種。頭部は黒く,頸側部に勾玉形の橙色の大斑がある。胸の上部は美しい橙黄色,胸の下部から腹部は白色。背面銀灰色で,背面と腹面の境に黒い帯がある。亜南極海から南極圏島々で繁殖する。子育てには 1年以上かかり,繁殖地の島には繁殖期でない鳥も換羽する際に戻る。ペンギン類は換羽中には陸上でなにも食べずに過ごす。巣はつくらず,1卵を産むと足の甲に乗せ,腹のだぶついた皮膚をかぶせて 54日ほど抱卵する。魚類が主食で,潜水してとる。水深 322mの潜水記録がある。一年中南半球南部の海洋に分布するが,南極大陸の沿岸まで出かけるのはまれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウサマペンギン
おうさまぺんぎん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオウサマペンギンの言及

【ペンギン】より

…マゼランペンギンS.magellanicus(イラスト)は南アメリカの南端部にすむ。残りの9種は亜南極圏を中心とした寒冷な海域にすむが,そのうちキングペンギン(オウサマペンギン)Aptenodytes patagonicus(イラスト),ジェンツーペンギンPygoscelis papua(イラスト),イワトビペンギンEudyptes chrysocome(イラスト),マカロニペンギンE.chrysolophus(イラスト)は亜南極圏の島々に比較的広く分布する。キンメペンギン(キガシラペンギン)Megadyptes antipodes(イラスト),キマユペンギン(フィヨルドランドペンギン)Eudyptes pachyrhynchus,マユダチペンギン(シュレーターペンギン)E.sclateri(イラスト),ハシブトペンギン(スネアーズペンギン)E.robustus(イラスト),コビトペンギン(コガタペンギン)Eudyptula minor(イラスト)はニュージーランド南部を中心とした水域で見られる。…

※「オウサマペンギン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オウサマペンギンの関連キーワード巣(動物)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オウサマペンギンの関連情報