コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオスカシバ オオスカシバ Cephonodes hyalis

3件 の用語解説(オオスカシバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオスカシバ
オオスカシバ
Cephonodes hyalis

鱗翅目スズメガ科。前翅長 30mm内外。体は太く,黄緑色の鱗毛におおわれ,腹部には赤色鱗を含む黒色鱗毛の帯がある。腹端には長い鱗毛があり,飛翔時にはこれを鳥の尾のように開く。翅は透明で,基部と後縁に黄緑色鱗毛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オオスカシバ

鱗翅(りんし)目スズメガ科の1種。開張65mm内外,黄緑色で,腹部に黒紫色の帯があり,腹端に黒い毛束がある。翅は透明。一見ハチに似る。幼虫はクチナシの害虫。成虫は夏に現れ昼間花にくる。
→関連項目スズメガ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオスカシバ
おおすかしば / 大透羽蛾
[学]Cephonodes hylas

昆虫綱鱗翅(りんし)目スズメガ科に属するガ。はねの開張55ミリメートル内外で、この科の種類のなかでは小形。体はウグイス色がかった緑色、腹部に赤帯と黒帯がある。はねはほとんど透明であるが、これは、羽化直後まで生えていた光沢のない鱗粉が、はねが硬化し、振動させたときに全部脱落するためである。アフリカからオーストラリアまで広く分布している種で、日本では関東地方より西に分布する。成虫は昼飛性で、日中きわめて活発に飛び、よくハチと誤認される。幼虫は庭木としてよく植えられるクチナシの葉を食べ、老熟すると落ち葉や土粒で粗い繭をつくって蛹化(ようか)する。若齢幼虫が葉の裏面にいて食害しているときは、同じような緑色をしているために、なかなかみつけにくい。夏に成虫がクチナシへ飛来し、葉に1個ずつ産卵する姿がみられる。クチナシは温暖地の山地に自生している植物であるが、品種改良のうえ、各地の庭園に広く植えられるようになったため、このガもそれに伴い都会地へ分布を広げている。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオスカシバの関連キーワード雀蛾面形天蛾ウチスズメ(家天蛾)エビガラスズメ(蝦殻天蛾)シモフリスズメ(霜降天)スズメガ(雀蛾)スズメバチ(胡蜂)ベニスズメ(紅雀)メンガタスズメ(面形雀)モモスズメ(桃雀)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオスカシバの関連情報