コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオミミギツネ オオミミギツネOtocyon megalotis; bat-eared fox

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオミミギツネ
Otocyon megalotis; bat-eared fox

食肉目イヌ科。耳は卵形で幅広く,著しく大きいのでその名がある。体長 46~58cm,尾長 30cm。尾は総尾。前後肢は短い。体色は黄灰色で,顔,前後肢,耳の先端部,尾の先端部と上縁が黒い。サバナにすむが,ときに人家近くに現れることもある。日中は藪の中や穴に隠れ,夜間活動してシロアリなどの昆虫類,小さなネズミ類,鳥の卵,トカゲ,果物などを食べる。普通7頭ぐらいの小群で生活している。アフリカの東部から南部の乾燥地帯に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオミミギツネ
おおみみぎつね / 大耳狐
big-eared (bat-eared) fox
[学]Otocyon megalotis

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。アフリカ東部および南部の乾燥地帯に分布する。体長50~70センチメートル、体重3~5キログラム。長さ11~14センチメートルもある巨大な耳が名の由来である。体は灰褐色で、顔、耳、四肢、尾端が黒褐色。歯は46~50本で食肉類中もっとも多く、特別の亜科に分類されていたが、近年ではイヌ亜科の原始的な種で、タヌキなどに近縁といわれる。昼は自分で掘った穴、岩穴、草やぶなどに1対で潜み、夜出歩き、人家付近にも現れる。主食はシロアリ、バッタなどで、ネズミ、小鳥とその卵、トカゲ、液果も食べる。家禽(かきん)はめったに襲わない。交尾期は11~4月、60~70日後に2~6子を産む。寿命は飼育下で約13年。原住民はその肉を食べ、毛皮を頭飾りに使う。[今泉吉典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オオミミギツネの関連キーワードハイイロギツネ今泉吉典キツネ