コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オガタマノキ Michelia compressa (Maxim.) Sarg.

2件 の用語解説(オガタマノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オガタマノキ【Michelia compressa (Maxim.) Sarg.】

神社の境内によく植えられている常緑高木(イラスト)。榊(さかき)として古くから尊ばれ,招霊(おきたま)が転じてオガタマの名になったともいわれている。 オガタマノキ属は近縁のモクレン属(オオヤマレンゲコブシホオノキ等)と花は大変似ているが,腋生(えきせい)でめしべ群が柄を持ち,胚珠が4~18個であること等で容易に区別できる。オガタマノキはきれいな整形樹で高さ20m,胸高直径1.5mに達する。初春に葉腋に1個の花をつけ,強い芳香がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オガタマノキ
おがたまのき
[学]Michelia compressa (Maxim.) Sarg.

モクレン科の常緑高木。高さ20メートルにもなる。和名は「招霊(おきたま)の木」が転じたともいわれ、古くから神社によく植えられる。葉は厚い革質で、長楕円(ちょうだえん)状倒卵形、長さ5~15センチメートル。花は早春に開き、花弁は白色で基部は紅紫色である。花が葉腋(ようえき)につくこと、1心皮からなる雌しべが開花期、果実期ともに基部まで離生することがモクレン属と異なる。種子は赤く、2~6個。種としては、房総半島以西の本州南西部、四国、九州、沖縄、台湾、フィリピンに分布している。トウオガタマ(カラタネオガタマ)M. figo (Lour.) Sprengelは中国原産で、日本でも庭木や生け垣としてよく植えられる。花は初夏に咲き、バナナに似た強い香りを放つ。[植田邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オガタマノキの関連キーワード境内社神木御厨小賀玉の木神苑神樹神地舞殿宮入り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オガタマノキの関連情報