コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オガワコマッコウ オガワコマッコウ Kogia simus; dwarf sperm whale

2件 の用語解説(オガワコマッコウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オガワコマッコウ
オガワコマッコウ
Kogia simus; dwarf sperm whale

クジラ目ハクジラ亜目コマッコウ科コマッコウ属。コマッコウと混称されツナビとも呼ばれる。体長約 2.7m,体重約 210kgに達する。出生体長は約 1m。体色は背部が黒に近い灰色あるいは茶がかった紺色で,体側下面から腹部にかけてがねずみ色あるいは白色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オガワコマッコウ
おがわこまっこう / 小川小抹香
dwarf sperm whale
[学]Kogia simus

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マッコウクジラ科に属する海産動物。寒海を除いて広く分布する小形のハクジラで、近似種のコマッコウとは骨学的には区別されるが、外部形態上の区別は非常にむずかしい。名の由来は、日本のイルカの分類研究で草分けとして知られる小川鼎三(ていぞう)を記念したもの。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オガワコマッコウの関連キーワードハクジラ類マッコウクジラ赤坊鯨克鯨歯鯨鬚鯨抹香鯨クジラ(鯨)コマッコウ(小抹香)マッコウクジラ(抹香鯨)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オガワコマッコウの関連情報