コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オサバグサ Pteridophyllum racemosum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オサバグサ
Pteridophyllum racemosum

ケシ科の多年草で,本州中部以北の高山の針葉樹林内に生える。1属1種で日本特産。産地は比較的限られている。羽状に裂けた多数の葉が根生し,夏の頃,高さ 20cmぐらいの花茎を出し,総状花序をつける。花は白色4弁で,球状の 蒴果を結ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オサバグサ

本州中北部の深山の針葉樹林中にはえるケシ科の多年草。葉は数枚根生し,長さ10〜20cmの羽状複葉シダの葉を思わせる。初夏に葉心から高さ30cm内外の花茎を出し,上半にまばらに白色4弁で径8mm内外の花を下向きにつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オサバグサ【Pteridophyllum racemosum Sieb.et Zucc.】

中部地方から東北地方の亜高山帯針葉樹林に,所によって群生する小型のケシ科の多年草。1属1種で日本特産。6~7月の開花期には,小さな白い花(径1cm弱)が群がり咲き,暗い林床にひときわ清楚で美しい。属名Pteridophyllumは〈シダの葉〉を意味し,くしの歯状に切れ込む葉(長さ15cmほど)が短い地下茎に根生する様子はシダに似る。和名はこの葉形を織機の筬(おさ)にみなしたもので,同様の名をもつものにオサシダがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オサバグサ
おさばぐさ / 筬葉草
[学]Pteridophyllum racemosum Sieb. et Zucc.

ケシ科の多年草で、1属1種、日本の固有属。葉はすべて根生、深緑色で1回羽状複葉、櫛(くし)の歯状をしており、表面には粗い毛がまばらに生える。春から夏にかけて20~30センチメートルの濃茶色の花茎を出し、直径1センチメートル前後の白い花を総状につける。萼片(がくへん)は2枚、花弁は4枚、雄しべは4本、雌しべは1本。(さくか)は熟すと2裂する。中に2~4個の丸い種子がある。和名は、葉が機織(はたお)りの筬(おさ)に似ていることによる。本州の東北地方、中部地方の針葉樹林の暗い林床にややまれに生える。オサバグサ属は、花弁は4枚で距(きょ)がなく、雄しべは4本、乳液を出さないことなどの点で、中国から地中海にかけて分布するヒペコウム属Hipecoumに近縁とされている。[寺林 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オサバグサの関連情報