コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オストラバ Ostrava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オストラバ
Ostrava

ドイツ語ではオストラウ Ostrau。チェコ東部,モラバ (モラビア) 地方北部の都市。シュレジエン (チェコ語ではスレスコ) 炭田地帯の南端,ポーランドとの国境近くに位置する。 1267年頃,モラバ地方の北の守りとして築かれた要塞町が起源。いまも 13世紀の聖堂などが残されている。かつて「チェコスロバキアの鉄の心臓」と呼ばれ,現在も周辺のハビージョフカルビナー,オルロバーなどとともに面積約 1000km2,人口約 50万の一大鉱工業地帯を形成。良質の黒炭を産する大炭鉱,コークス工場,発電所,製鉄所などが集中。また周辺都市には鉱山機械,車両,自動車などの工業も立地している。オストラバはその中心都市として,飛行場をはじめ各種の交通運輸のターミナル機能,経済・商業機能,歌劇場を含む劇場群,美術館などの文化的施設をもつ。人口 32万 7553 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オストラバ

チェコ東部,北モラビアの中心都市。オドラ川沿岸にあり,ポーランド国境から15kmに位置する。同国最大の鉱工業地帯の中心。鉄道・道路の合流地でもある。付近に炭田があり,1767年の石炭採掘開始,1826年のビートコビツェ製鉄所の設立により同国最大の製鉄地帯を形成。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オストラバ【Ostrava】

チェコ東部,北モラビア州の州都。同国第3の都市で,人口32万5000(1996)。オパバ川とオストラビツェ川がオドラ川と合流する地にある。13世紀にオロモウツ司教が開いたこの町は,1767年の石炭採掘開始,1826年のビートコビツェ製鉄所の設立以来,飛躍的発展を見た。今日ではオストラバ・カルビナー炭田をひかえ,製鉄・化学・重機械・ガス・食品工業などが盛んで,この国最大の鉱工業地帯の中心地。【稲野 強】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オストラバ【Ostrava】

チェコの北東部、ポーランド国境に近い都市。製鉄・化学・食品などの工業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オストラバ
おすとらば
Ostrava

チェコのモラビア地方北部の重化学工業都市。オドラ(ドイツ語名オーデル)川が山地から平野に流れ出る地点に位置している。人口31万9293(2001)。オストラバ・カルビナ炭田の中心で、チェコの石炭、冶金(やきん)工業の大中心地である。鉄冶金(ビトコビツキ冶金コンビナート、クンチツキ冶金コンビナート)、コークス化学、重機械工業などが発展している。18世紀後半に石炭が発見され、19世紀後半から大規模な開発が始まった。鉄道の要地で、東はポーランドと、南東はヤブルンコフスキ峠を通ってスロバキアと、南および南西はモラバ門とよばれる山地間の低地を経由して、モラビア、ボヘミアと、それぞれ結ばれている。機械鉱山高等専門学校がある。市の発展とともに市域が拡大し、西境に住宅地域ボルバが形成され、ベッドタウンのガルジョフが成長した。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オストラバの関連キーワードライス(Karel Reisz)モラビア(チェコ)ミラン バロシュK. ライスチェルニークヤナーチェクオーデル川ズデーテンクラドノジリナ発達

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オストラバの関連情報