コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オズボーン判決 オズボーンはんけつ Osborne judgement

2件 の用語解説(オズボーン判決の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オズボーン判決
オズボーンはんけつ
Osborne judgement

1909年労働組合が政治目的のために組合資金を使用することの違法性を認めたイギリス裁判所の判決。 W.オズボーンが彼の所属する鉄道従業員組合の行なった労働党への資金援助決議に反対して,組合を相手に訴訟を提起した事件。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オズボーン判決
おずぼーんはんけつ
Osborne Judgment

1909年イギリスで、労働組合資金の政治目的への使用を違法とした裁判所判決。イギリスでは労働組合を主要基盤とする労働党が1906年の総選挙以来大きく進展したが、それがオズボーン判決の政治的背景をなした。07年末、鉄道従業員合同組合の一分会の書記で自由党員であるW・V・オズボーンが、「労働組合資金の政治目的への使用は、1876年労働組合法が規定する労働組合の目的外の行為だから違法である」と告訴した。原告は一審では敗訴したが、二審と最高審(1909年12月)で勝訴した。なお、1913年にはこの判決をくつがえす労働組合法が成立したが、この法律の下でも、政党への献金には組合員の投票が必要とされ、また献金に対する組合員個人の拒否権も認められた。[富沢賢治]
『H・ペリング著、大前朔郎・大前真訳『イギリス労働組合運動史』新版(1982・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オズボーン判決の関連キーワード合同労働組合中立労働組合連絡会議鉄工組合黄色組合労働組合(労組)赤色組合全労日本郵政グループ労働組合相互保険組合国際労働組合・アジア民主労働組合員連合

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone