オセアニア語派(読み)オセアニアごは(英語表記)Oceanic

翻訳|oceanic

世界大百科事典 第2版の解説

オセアニアごは【オセアニア語派 Oceanic】

東部アウストロネシア語派Eastern Austronesianとも呼ばれ,インドネシア語派(西部アウストロネシア語派)と共にアウストロネシア語族の二大分派をなす。ミクロネシアメラネシアポリネシアに土着的に分布している。 ミクロネシア諸語(いわゆるミクロネシア地域に行われる言語の意。以下,メラネシア諸語,ポリネシア諸語も同様)では,ギルバート語,マーシャル語,ナウル語,トラック語,ポナペ語など十数の言語がこのオセアニア語派に属するが,チャモロ語(マリアナ諸島),パラウ語,ヤップ語はインドネシア語派に属する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界の主要言語がわかる事典の解説

オセアニアごは【オセアニア語派】

アウストロネシア語族の東部語派の別称。ミクロネシア諸語(キリバス語など)、メラネシア諸語(フィジー語など)、ポリネシア諸語(サモア語・トンガ語・タヒチ語・マオリ語ハワイ語ラパヌイ語など)の数百の言語を含み、東はイースター島、西はミクロネシア東部、南はニュージーランド、北はハワイに及ぶ太平洋の島々に分布する。言語的には、西部語派に比べて接辞の使用が単純化している、音韻組織はとりわけポリネシア諸語で単純化が顕著である、名詞はそれが表す物を所有者がコントロールできるか否かによって類別される、などの特徴がある。

出典 講談社世界の主要言語がわかる事典について 情報

世界大百科事典内のオセアニア語派の言及

【アウストロネシア語族】より

…正確な言語数は不明だが,おそらく800~1000にのぼるものと推定され,言語数と地域的広がりの点では世界最大の語族である。
[分類と故地]
 アウストロネシア語族は,通常,大別して西部語派(インドネシア語派あるいはヘスペロネシア語派ともいう)と東部語派(オセアニア語派ともいう)の二つに分類されるが,台湾の高山族諸語をそれらに対立する第3の語派と認めるか否か,そして西部語派と東部語派の地理的な境界線は西イリアンのどのあたりにあるのか,についてはいまだに議論が多く,結論を得るにいたっていない。古くはアウストロネシア語族をインドネシア語派,メラネシア語派,ポリネシア語派に三大別する学者もいたが,現在では後2者は東部語派の下位区分にすぎないものと考えられている。…

※「オセアニア語派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android