コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガドリ Gallus gallus; Japanese long-tailed fowl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナガドリ
Gallus gallus; Japanese long-tailed fowl

キジ目キジ科。ナガオドリチョウビケイともいわれ,高知県を中心に飼育されているニワトリの一品種。雄の尾羽と簑毛(腰の羽毛)が生え変わらずに長く伸び,長いものでは 10m以上に達する。雌の尾羽はかなり長く伸びるが毎年脱落する(→換羽)ため,雄に比べて短い。鶏冠が単冠で,羽色には白藤,白色,赤笹,五色という色の違った系統がある。近年,近親交配の影響で尾羽があまり長くならない鳥が多く,飼育数も減っているため,保護に努力が払われている。1952年に国の特別天然記念物(→天然記念物)に指定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オナガドリ
おながどり / 尾長鶏
Japanese long-tailed fowl
[学]Gallus gallus var. domesticus

鳥綱キジ目キジ科の鳥。ニワトリの1品種。チョウビケイ、ナガオドリともよばれる。江戸時代中期に土佐藩(高知県)でつくられ、昭和初期にようやく完成された銘鶏で、その名のように約二十数本の尾羽が換羽せず伸び続ける。長いものは約12メートルにも達するが、普通は5~6メートルである。突然変異種を固定したもので、尾を長くするには高くて狭い留め箱を用い、育成には格別の苦心を要する。この長い尾羽は、参勤交代の行列の槍鞘(やりざや)を飾るために、土佐藩主山内家の特別の保護を受けたといわれている。本種はショウコクという品種から生じたもので、羽色は、本来は白藤(しらふじ)(白笹(しろざさ))であるが、白と少数の赤笹もある。「土佐のオナガドリ」は、特別天然記念物に指定されている。[西田隆雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オナガドリの関連キーワード高知県南国市カケス南国市長尾鶏鶏・雞養鶏家禽

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オナガドリの関連情報