白藤(読み)シラフジ

デジタル大辞泉プラスの解説

白藤

酒造用一般米の品種のひとつ。昭和初期まで新潟県の代表的な酒米として栽培されていた。1930年代に栽培が途絶えたが、2004年から約3年をかけて復刻された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しらふじ【白藤】

白い花の咲くフジ。ヤマフジの園芸品種の一。しろふじ。
かさねの色目の名。表は薄紫、裏は濃紫。春に用いる。

しろふじ【白藤】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白藤の関連情報