コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オブレヒト Obrecht, Jakob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オブレヒト
Obrecht, Jakob

[生]1452.11.22. ベルヘンオプゾーム
[没]1505. フェララ
フランドル楽派の代表的作曲家。 1484年カンブレー大聖堂楽長,85~91年聖ドナティアヌス教会楽長,その間フェララの宮廷歌手,91年アントワープ (アントウェルペン) 大聖堂楽長。 1504年フェララへ旅行し,翌年その地で流行したペストのため死去。緻密な対位法手法と繊細優美な響きはジョスカン・デ・プレの先駆となった。作品は,ミサ約 27,モテト約 19,その他多くの世俗シャンソンがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オブレヒト

フランドル楽派の作曲家。生地は北ブラバントのベルヘン・オプ・ゾームとされるが,異説もあり,ユトレヒトの聖歌隊長(1476年)以前の経歴も不詳。以後フランドル各地を活動の舞台に,カンブレー大聖堂楽長などを歴任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オブレヒト【Jacob Obrecht】

1450ころ‐1505
フランドル楽派の作曲家。ユトレヒトをはじめフランドル各地の聖歌隊長や楽長を歴任。1487年にはフェラーラ大公エルコレ1世の招きで半年間イタリアのフェラーラに滞在。94年アントワープのノートル・ダム大聖堂に彼の名が記されており,この時期に代表作のミサ曲《やさしきマリア》や,モテット《サルベ・レジナ》が作られている。宗教音楽,とくにミサ曲に本領を発揮し,それらの作品の対位法様式は,曲の軸である定旋律の選択と扱い方に柔軟さと多様な独創性を示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オブレヒト
おぶれひと
Jacob Obrecht
(1450―1505)

フランドル楽派の作曲家。北ブラバント(現ベルギー)のベルヘン・オプ・ゾームに生まれる。生地をはじめ、ユトレヒト、カンブレー、ブリュージュ、アントワープ(アントウェルペン)の教会の楽長を歴任。1504年イタリアのフェッラーラに行き、ペストのため同地で没した。盛期フランドル楽派中とくに重要な作曲家で、厳格な対位法書法を基礎に、統一のとれた構成をもつ音楽を書いた。とくにミサ曲の作曲に力を注いだが、そのほかモテット、シャンソン、フラマン語による多声歌曲、純粋器楽曲など多数の作品を残した。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オブレヒトの関連キーワードノートル・ダム大聖堂ルネサンス音楽オランダ音楽11月22日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オブレヒトの関連情報