コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オマハ族 オマハぞくOmaha

翻訳|Omaha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オマハ族
オマハぞく
Omaha

草原型文化をもつ北アメリカインディアンの一民族。他のスー語系諸族とともに大西洋岸から西へ移動し,17世紀にはミネソタ州に一時定着したが,その後さらにネブラスカ州に移動。 19世紀中頃にはほとんどの土地を合衆国政府に売渡し,代りに指定居留地がのちになって設けられた。春と秋には円形小屋の定住集落で農耕を行い,狩猟期にはティピーというテントで移動する。 10の氏族が「空」と「大地」の半族に統合され,狩猟キャンプの配置にはその役割が象徴的に示されている。身分の上下もあったが,ウマ,毛布の分配,祭りの供応などにより身分の上昇も可能であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オマハぞく【オマハ族 Omaha】

北アメリカ先住民のうち,スー語系言語を話す部族の一つ。もと東部森林地帯のオハイオ川流域に居住していたといわれるが,白人との接触時には大平原東部のミズーリ川流域に居住していた。アース・ロッジと呼ばれる土の家に住み,定着的村落を形成していた。トウモロコシ栽培を中心とする農耕と狩猟が主たる生業活動であった。木製の杵や臼,木・土製の〈さじ〉,土器など東部森林地帯に共通する文化要素を有していたが,土器製作は19世紀半ばまでに放棄されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オマハ族の関連キーワードポンカ族

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android