オマル=ハイヤーム(英語表記)‘Umar Khayyām

  • ‘Umar Khayyám
  • オマルハイヤーム

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1048〜1131
セルジューク朝の第3代マリク=シャーに仕えたイラン系の詩人・科学者
ルバイヤート』(4行詩集)の作者として知られるが,ペルシア・インド・ギリシアの哲学にも通じ,3次方程式の解法を示した数学者でもある。またメルブの天文台長の職にあって,グレゴリ暦よりも精密なジャラリー暦の制定に従事した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android