コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オムドゥルマン オムドゥルマン Omudurman

3件 の用語解説(オムドゥルマンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オムドゥルマン(Omudurman)

スーダン中央部の都市。白ナイルを挟んで首都ハルツームの対岸に位置し、ハルツームノースとともに都市圏を構成する。1884年、マフディー派を率いるムハンマド=アフマドが軍の拠点を置き、以降、同国最大の商都として発展。ムハンマド=アフマドの廟(びょう)がある。オムダーマンウンムドゥルマーン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オムドゥルマン

スーダン共和国中部の古都。アラビア語ではウンム・ドゥルマーンナイル川の左岸にあり,首都ハルツームと対する。古くから農業・商業の中心地で象牙細工などの産がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オムドゥルマン【Omdurman】

スーダン共和国ハルツーム県の都市。アラビア語ではウンム・ドゥルマーンUmm Durmān。人口23万(1993),大都市域人口127万(1993)。白ナイルをはさんで首都ハルツームの北の対岸にあり,1885年マフディー派の軍を率いたムハンマド・アフマドが都として建設した。行政・経済の中心地ハルツームと対照的にスーダンの伝統を伝える文化的・精神的中心地となっている。ムハンマド・アフマドの廟やその遺物を収めたハリーファ博物館があり,マフディー派を信奉する人々は,現在でも有力な政治勢力を形成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オムドゥルマンの関連キーワードアトバラスーダンハルツーム蘇丹ツーダンシャームオベイドカッサラスーダン共和国ポート・スーダン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone