コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オムドゥルマン Omudurman

デジタル大辞泉の解説

オムドゥルマン(Omudurman)

スーダン中央部の都市。白ナイルを挟んで首都ハルツームの対岸に位置し、ハルツームノースとともに都市圏を構成する。1884年、マフディー派を率いるムハンマド=アフマドが軍の拠点を置き、以降、同国最大の商都として発展。ムハンマド=アフマドの廟(びょう)がある。オムダーマンウンムドゥルマーン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オムドゥルマン

スーダン共和国中部の古都。アラビア語ではウンム・ドゥルマーンナイル川の左岸にあり,首都ハルツームと対する。古くから農業・商業の中心地象牙細工などの産がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オムドゥルマン【Omdurman】

スーダン共和国ハルツーム県の都市。アラビア語ではウンム・ドゥルマーンUmm Durmān。人口23万(1993),大都市域人口127万(1993)。白ナイルをはさんで首都ハルツームの北の対岸にあり,1885年マフディー派の軍を率いたムハンマド・アフマドが都として建設した。行政・経済の中心地ハルツームと対照的にスーダンの伝統を伝える文化的・精神的中心地となっている。ムハンマド・アフマドの廟やその遺物を収めたハリーファ博物館があり,マフディー派を信奉する人々は,現在でも有力な政治勢力を形成している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オムドゥルマンの関連キーワードムハンマド・アフマド

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android