コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリンピック国立公園 オリンピックこくりつこうえん Olympic National Park

6件 の用語解説(オリンピック国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリンピック国立公園
オリンピックこくりつこうえん
Olympic National Park

アメリカ合衆国北西部,ワシントン州西部にある公園。面積 3628km2。 1938年設定。オリンパス山 (2428m) と山頂の氷河,山腹の森林と野生動物,そして海岸景観がおもな保護対象。キャンプ,登山,観光などの目的で訪れる者が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オリンピック‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【オリンピック国立公園】

Olympic National Park》米国ワシントン州北西部、オリンピック半島にある国立公園コースト山脈の一部、オリンピック山地にある。太平洋からの湿った空気が山地に吹き付けることにより、西側の低地に温帯多雨林が広がり、頂上付近には山岳氷河見られる。1981年、世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オリンピック国立公園【オリンピックこくりつこうえん】

米国,ワシントン州北西部の山岳・海岸国立公園。1938年創設。オリンパス山(2428m)をはじめオリンピックOlympic山脈の高峰には氷河や高山植物が多く,中腹以下の大森林には野生動物が多数見られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

オリンピックこくりつこうえん【オリンピック国立公園】

1981年に登録、1990年に登録内容が変更されたアメリカの世界遺産(自然遺産)で、ワシントン州北西部、オリンピック半島にある国立公園。標高2428mのオリンパス山がある山岳地帯には、7つの氷河や峡谷、湖があり、アメリカクロジカ、ヘラジカなどの野生動物が生息する。ほかに温帯多雨林、海岸地帯と併せて、公園は3つの地域から構成されている。1988年にはオリンピック半島のほぼ全域がオリンピック自然保護地域に指定され、地域の保護がさらに強化された。◇英名はOlympic National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オリンピックこくりつこうえん【オリンピック国立公園 Olympic National Park】

アメリカ合衆国ワシントン州北西部,オリンピック半島の国立公園。野生動物と美林の保護のために1938年に制定され,面積は3629km2。中央部のオリンパス山(2428m)を中心にオリンピック山脈がそびえ,60以上の氷河をもつ。太平洋に面する西側斜面は多雨(年降水量3600mm)で針葉樹林を形成するが,東側斜面は比較的乾燥し,峡谷や湖群が発達する。鹿,熊,ヘラジカや鳥類の宝庫。太平洋岸はその美しい海岸線で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリンピック国立公園
おりんぴっくこくりつこうえん
Olympic National Park

アメリカ合衆国、ワシントン州北西部にある国立公園。面積3702平方キロメートル。1938年制定。コースト山脈(海岸山脈)の一部をなすオリンピック山地(最高点オリンパス山、2428メートル)の中の公園。山地東部は同州屈指の乾燥地帯であるが、西側は年降水量330ミリメートルの温帯多雨地帯で、雲をつくようなモミ、スギ、エゾマツなどの苔(こけ)むした樹林がみごとである。湖や川も多く、太平洋の美しい海岸線や氷河にも人気があり、オオジカ、クマなどの野生動物も多い。1981年には世界遺産の自然遺産として登録されている(世界自然遺産)。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリンピック国立公園の関連キーワードブトリントシミエン国立公園アボメイの王宮群ゴフ島及びインアクセシブル島大チョーラ朝寺院群ダラム城と大聖堂タリン歴史地区〈旧市街〉バムとその文化的景観フォントネーのシトー会修道院ローマ帝国の国境線

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オリンピック国立公園の関連情報