コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルグ

デジタル大辞泉の解説

オルグ

[名](スル)《「オルガナイザー」の略》組合や政党の組織拡充などのため、本部から派遣されて、労働者・大衆の中で宣伝・勧誘活動を行うこと。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

オルグ

( 名 ) スル
〔organizer から〕
労働運動や大衆運動の組織者。運動および組織運営の指導を行うために上部機関から派遣される者。また、その活動をすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルグ
おるぐ

オルガナイザーorganizerの略。組織者を意味し、元来は、欧米などの個人加盟を原則とする産業別組合において、職種、職業、地域を異にする支部組織や組合員との連絡調整、組織化を専門に行う活動家をさしていた。今日ではより広く、労働組合や階級政党など大衆運動における指導者、組織者をさす。オルグは一般に、下級の指導機関が弱体であるなど問題があった場合に、上部機関から直接当該機関に派遣され、運動の指導および指導組織の強化、未組織大衆の組織化、上部機関決定事項の周知徹底などの活動にあたる。なお、オルグのうち、全国規模で活動にあたる者を全国オルグ、地域を限定して活動にあたる者を地方オルグという。[吉田健二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオルグの言及

【オルガナイザー】より

…組織者の意味で,略してオルグともいう。労働組合の上部機関から派遣され,特定の地域や経営に責任をもち,未組織労働者に働きかけて組合加入や組合結成を促進し,また,弱体な組合下部組織に貼りついて,その活動を援助する(このような活動をオルグ活動という)役割を果たす。…

※「オルグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルグの関連キーワードケビン ブロックマイヤー百獣戦隊ガオレンジャー全国労働組合総連合サーゲイ ブリンラルフ ベイツラリー ページ労働組合期成会オールグレンモンドラーネ日鋼室蘭争議西尾 治郎平石田 郁夫松井 政吉神山 ハナ内野 壮児野田 律太松本 一三吉見 春雄池端 勘七橋本 英吉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルグの関連情報