コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンケン オンケン Oncken, Hermann

3件 の用語解説(オンケンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オンケン
オンケン
Oncken, Hermann

[生]1860.11.16.
[没]1945.12.28.
ドイツの歴史家。ハイデルベルクミュンヘンベルリン各大学教授を歴任。進歩的自由主義の立場から『ラサール伝』 Lassalle (1904) ,『ベニクセン伝』 Rudolf von Benningsen (2巻,10) などを著わし,第1次世界大戦後はドイツの戦争責任問題の究明に努力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オンケン
オンケン
Oncken, Johann Gerhard

[生]1800.1.26.
[没]1884.1.2.
ドイツの近代バプテスト派の創始者。 14歳からエディンバラで商人の見習い奉公をし,機会を得てロンドンに行き,メソジスト教会で回心した。その後,ハンブルクに帰って,イギリスとドイツの独立派教会を結びつけ,1824年にドイツ最初の日曜学校を開いたが,しばしば迫害を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オンケン
おんけん
August Oncken
(1844―1911)

ドイツの経済学者。ハイデルベルクに生まれる。ハイデルベルク、ベルリン、ミュンヘンの各大学に学び、21歳より27歳まで農業に従事し、以後ウィーン農業専門学校講師、アーヘン工業大学教授を経て、1878年ベルン大学経済学教授となる。農業経済学者としては農業の近代化を擁護し、また経済学説史家としてはフィジオクラート(フランス重農主義者)研究の権威であり、彼の編集した『フランシス・ケネーの経済学的・哲学的著作集』(1888)は長く定本として重視された。しかし、やがて彼の関心は、ケネーの自由放任主義・自然秩序論からアダム・スミスの「見えざる手」(自由競争自由貿易)へと移り、最後には、彼が思想史研究のうえで影響を受けていたドイツ歴史学派よりもアダム・スミスの思想に共鳴し、スミスの自由貿易論カントの平和論との統合を考えた。[島津亮二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オンケンの関連キーワード階乗合同N没・歿勃・歿・没NかMかn/dDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オンケンの関連情報