コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストロネシア語族 オーストロネシアごぞく Austronesian languages

5件 の用語解説(オーストロネシア語族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーストロネシア語族
オーストロネシアごぞく
Austronesian languages

アウストロネシア語族,マレーポリネシア語族,南島語族ともいう。西はマダガスカル島から東はイースター島にかけて,北は台湾から南はニュージーランドに及ぶ南太平洋上の (ニューギニア島オーストラリアを除く) 島々,ならびに東南アジアの大陸の一部をおおっている,同系の諸言語から成る語族。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オーストロネシア‐ごぞく【オーストロネシア語族】

マレーポリネシア語族

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オーストロネシア語族【オーストロネシアごぞく】

アウストロネシア語族

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

オーストロネシアごぞく【オーストロネシア語族】

北は台湾から南はニュージーランド、東はハワイ・イースター島から西はマダガスカル島に及ぶ広大な地域で話される諸言語を含む語族。西部語派(ヘスペロネシア語派)と東部語派(オセアニア語派)に大別される。南島語族。マラヨ-ポリネシア語族。アウストロネシア語族。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーストロネシア語族
おーすとろねしあごぞく

西はアフリカ大陸南東洋上のマダガスカル島(マラガシー民主共和国)のマラガシー語から、東は南アメリカのチリ領イースター島のラパヌイ語まで、北は台湾の高山(こうざん)族諸語、アメリカ合衆国ハワイ州のハワイ語から、南はニュージーランドのマオリ語まで広い地域に行われる現地諸言語の系統的総称。マライ・ポリネシア語族(南島語族)ともいわれ、その総数は約1000に達する。ただし、この地域に含まれるマレー半島やニューギニア島の内陸部の言語、オーストラリア先住民の言語などはこの語族に属さないが、これらはオーストロネシア民族が移動してくる以前の先住民族の言語である。オーストロネシア民族のふるさとはアジア大陸南部(現中国の雲南省あたり)にあったと考えられ、紀元前1万年ごろにはその一派がすでに台湾に渡っていた。その後何千年間にもわたって、押し出された民族が現在の地域に広がった。現在の語族はさらに語派に分けられ、(1)ヘスペロネシア語派 マラガシー語、マレー語、ジャワ語、タガログ語、セブ語、ミクロネシアのチャモロ語、パラウ語など、(2)メラネシア語派 インドネシア東部のビアク語、ビスマーク諸島からニュー・ヘブリデス諸島、ニュー・カレドニアの諸言語、フィジー語、ミクロネシアのほとんどの言語、(3)ポリネシア語派 ハワイ語、ラパヌイ語、マオリ語を頂点としてその大三角形に取り囲まれた地域内の東部諸語、サモア語・ミクロネシアのカピンガマランギ語・ヌクオロ語などのサモイック外郭諸語、トンガ語を含むトンギック諸語からなる。
 台湾の高山族諸語は(1)に属するが、その音韻的文法的古風さによって独立した一語派とされることもある。書記言語としての歴史をもつのは、7~8世紀から南インド系パッラバ文字による碑文を残したジャワ語、マレー語のみで、メラネシア・ポリネシア諸語に文字の伝承はない。イースター島の絵文字(ロンゴロンゴ)はまだ解読に成功していない。
 言語的特徴として、(1)は原オーストロネシア語の祖語音と祖語形をもっともよく保持し、(2)(3)となるにしたがって、祖語音の数は変化して減少し、祖語形は開音節化する傾向が著しい。次に身体語彙(ごい)の一部(「耳」「胸・乳」「へそ」)を示すが、すべて一つの祖語形から変化した形である。
 マラガシー語 tadny, hho, fitra
 タガログ語 tainga, suso, pusod
 ブヌン語(台湾) tangiya, suso, pusoh
 フィジー語 daliga, sucu, vicovico
 ラパヌイ語 taringa, u'u, pito
 文法的には、(1)は接辞(接頭辞・接中辞・接尾辞)を盛んに活用して派生語を生み出すが、(2)(3)となるにつれて接辞の使用は低下し、また痕跡(こんせき)的に残るのみとなる。ことに接中辞はまったくみられない。(1)には前鼻音化現象が一般的にみられ、接頭辞と語根との間に連結のための鼻音が挿入、発生する。タガログ語の例ではma-takot「恐れる」(語根takot)に対し、鼻音形はma-nakot「脅かす」となり、文法的機能の違いが発生する。また接中辞-in-を活用してt-in-akot「脅かされた(完了)」のように受動形をつくる。語彙面で、フィリピンとインドネシアにまたがる(1)は、紀元前後からインド文化の影響を強く受け、サンスクリットからの借用語が多くみいだされる。語順は、(1)(2)では主語―述語―目的語が一般的であるが、(3)では述語―主語―目的語(または述語―目的語―主語)が原則的となる。ただし、(1)のタガログ語もこの語順が普通。(2)のなかには主語―目的語―述語となるものがあり、ニューギニア島(イリアンジャヤ州)のトバティ語では「私は水をもう飲んだ」をneg(私) naan(水) ninj(すでに)ung(飲む)というが、このような語順は先住民族の言語(パプア諸語)の影響を受けてできたものと考えられる。
 オーストロネシア語族と日本語との関係については、日本語の底層言語としてあるいは混合言語として関与したとする仮説があるが、いまだ確定的なことは不明である。[崎山 理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオーストロネシア語族の言及

【アウストロネシア語系諸族】より

アウストロネシア語族つまり南島語族ないしマレー・ポリネシア語族に属する言語を用いる諸族の総称。その分布域は東はイースター島から西はマダガスカル島にまで及ぶが,その原郷は,中国大陸南部かあるいは台湾であったと考えられる。その理由は,アウストロネシア語族のなかで最も早く分岐したと思われる台湾諸語が台湾にあり,アウストロネシア語と親縁関係があると思われるアウストロアジア諸語やカダイ諸語が華南からインドシナにかけて分布しているからである。…

※「オーストロネシア語族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オーストロネシア語族の関連キーワード竹内孝治南シナ海ロハ台マレーポリネシア語族北はりまエコミュージアム鹿央[町]深谷[市]兵庫県西脇市寺内パントリー(食品庫)キエリテン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone