コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイリ(海里) かいり

百科事典マイペディアの解説

カイリ(海里)【かいり】

浬とも書く。航海,航空で使われる距離の単位。記号Mまたはnm(nautical mile)。もともとは,地球の平均子午円の中心角1分に対する地表上の長さ,または船の測程儀の機能から割り出されたものであったため国によって差異があったが,今日の国際慣行では1929年の臨時水路会議での決定に基づき,1カイリ=1852mとしている。
→関連項目灯台

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいり【カイリ(海里) nautical mile】

長さの単位。航海や航空で距離を表すのに用いる。今日の国際慣行では,1929年の臨時国際水路会議での決定により1カイリは1852mとしている。日本の計量法でも,特殊の計量に用いる補助計量単位であって1852mと定め,M,nmまたは′の記号で表す。歴史的には,地球の平均子午円の中心角1分に対する地表上の長さ,または船舶曳航測程儀の機能から割り出されてきたために不統一で,例えばイギリスでは6080フィート(1853.1824m),アメリカでは6080.2フィート(1853.1887m)であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカイリ(海里)の言及

【マイル】より

…倍量単位としてかつては3miに等しいリーグleague(法定リーグ)を用いた。なお,航海・航空用の距離の単位である海里nautical mile(=1.852km)もその分野では単にマイルといわれる。【三宅 史】。…

※「カイリ(海里)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイリ(海里)の関連キーワードノット

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android