コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

測程儀 そくていぎlog

翻訳|log

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

測程儀
そくていぎ
log

ログともいう。船の速力 (対水速度) と航程を測定指示する計器。 logは「丸太」の意味で,海中に浮べた木片で船速をはかったことから出たという。歴史的には,結び目をつけた長い紐 (測程索) の先に扇形の板をつけて一定時間流し,繰出された紐の長さを時間で割って船速を算出した手用測程儀 (ハンドログ) があった。現在では次のようなものが用いられている。 (1) 曳航測程儀 船尾または船側から引索 (ログライン) を曳航し,その先端に回転翼のついたローテータをつけてその回転数から船速をはかるもの (ピーログ) や,円錐形のものをつけてそれに当る水圧やそのあとにできる渦の振動数から測定するものなど。 (2) 船底測定儀 船底に小さな回転翼を出してその回転数からはかるもの,船底にピトー管を突き出させて船の速度に比例した動圧によって船速を知るもの (動圧式測程儀) ,船底から突き出した装置で水中につくった磁場を横切る水流が起す誘導起電力を測定して船速を求めるもの (電磁測程儀) ,船底の装置から発射した超音波が海底で反射して戻ってくる際のドップラー効果を利用して船速をはかるもの (ドップラーソーナー,ドップラーログ) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

測程儀【そくていぎ】

ログともいう。船の速力と航程を測る計器。木片(ログlog)を水上に投じたことに始まり,次いで縄の先に浮標をつけて流し,一定時間に繰り出した縄の長さを測るハンドログ(手用測程儀)となった。
→関連項目推測航法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そくていぎ【測程儀 log】

ログともいう。船の航程を測定する計器。1時間当りの航程は速力に相当するので,船の速力計も測程儀と呼ばれる。近代的な測程儀が考案される前は,木片(ログlog)を船外に投げ,船内に見通し線を設けてその通過所要時間から速力を求めた。船の測程儀がログと呼ばれるゆえんである。このような歴史的測程儀としては,縄(測程線という)をつけた扇形板を船尾から流し,これが28秒(もしくは14秒)間にどれだけ流されたかを測程線の長さを測って計測する手用測程儀(ハンドログ)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

測程儀
そくていぎ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

測程儀の関連キーワードカイリ(海里)ソナー航法航海日誌航海計器サルログ速度計測程器

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android