カウンシル・ブラフス(読み)かうんしるぶらふす(英語表記)Council Bluffs

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カウンシル・ブラフス
かうんしるぶらふす
Council Bluffs

アメリカ合衆国、アイオワ州南西部の商工業都市。人口5万8268(2000)。ミズーリ川に臨み、ネブラスカ州オマハの対岸に位置する。豊かな農業地帯を背後にもつ農産物などの交易中心地で、食品加工、農機具などの工業が盛んである。1846年から52年までモルモン教徒の町であり、49年からのカリフォルニアのゴールド・ラッシュ時代には物資供給地として栄えた。モルモン教徒のソルト・レーク・シティへの移住によって人口が激減したが、63年ユニオン・パシフィック鉄道のターミナルとなってから、勢いを取り戻した。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android