コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウンターインテリジェンス カウンターインテリジェンス counterintelligence

翻訳|counterintelligence

2件 の用語解説(カウンターインテリジェンスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カウンターインテリジェンス(counterintelligence)

外国の敵意ある情報活動を無効にするための防諜活動。敵国の破壊・怠業活動などの謀略活動から、人・物資・施設を防護するための諸活動を含んでいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カウンターインテリジェンス
かうんたーいんてりじぇんす
counterintelligence

外部からの諜報(ちょうほう)活動(intelligence)に対する防諜活動、情報漏出防止活動。略称CI。ある国の政府やその構成組織が、敵対する外国政府や国際テロ組織などによる情報収集・分析などの諜報活動を阻止し、その行為を無効化することや、民間企業の製品やその技術、企業買収などに関する情報を標的とした情報収集活動に対し、機密情報の漏洩(ろうえい)を防止するため、情報セキュリティを強化することをさす。CI活動はその性格から、以下の二つに大別される。一つは防衛的CIで、本質的に組織内の活動であり、情報セキュリティを担う機器や人材面の強化を図ると同時に、相手側の活動を抑止・検知し、対応するものである。もう一つは攻撃的CIで、情報収集活動をしかけてくる組織や要員に対し、警察による逮捕や国外退去処分などで活動そのものを無力化するものである。
 CIの必要性が問われた事件が日本でも相次いで発生している。たとえば、2010年(平成22)に警視庁公安部のテロ捜査に関する内部資料がインターネット上に流出した事件や、同年に尖閣(せんかく)諸島沖で中国船籍の漁船が日本の海上保安庁の巡視船に衝突した事件で、海上保安庁が撮影した事件発生時の映像が動画共有サイトに公開された問題などである。また、日本の政府機関や大手企業に対するサイバー攻撃が激しくなっており、情報が流出するケースが後を絶たない。政府は2006年、内閣にカウンターインテリジェンス推進会議を、2008年には内閣情報調査室にカウンターインテリジェンス・センターを設置した。さらに、2013年12月に特定秘密保護法が成立したことにより、国の重要な情報の保護や漏洩対策を講じる体制が構築されつつある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カウンターインテリジェンスの関連キーワード情報機関敵意取消しMI6冗長度目の敵IIPELINTCOMINTPR(広報)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カウンターインテリジェンスの関連情報