カエキナ(英語表記)Caecina Alienus, Aulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエキナ
Caecina Alienus, Aulus

[生]? ウィセチア
[没]79
古代ローマの政治家,軍人。 69年の内乱の際に活躍,ガルバを援助し,ガルバを殺害して帝位についたオットーを破った。オットーのあとウィテリウスが帝位につき,そのとき執政官 (コンスル ) に就任。その後,ウィテリウスに離反し,ウェスパシアヌスに味方した。帝位についたウェスパシアヌスから栄誉を受けたが,重用されなかった。のち陰謀を企てたかどでウェスパシアヌスの子チツスに処刑された。

カエキナ
Caecina, Aulus

前1世紀頃のローマの文人エトルリアの古い家系出身。文人 M.キケロと親交があった。ポンペイウス (大ポンペイウス) を支持して,ユリウス・カエサルを攻撃したため追放 (前 48) されたが,のち帰順した。エトルリアに関する著作を残す。

カエキナ
Caecina Severus, Aulus

前1世紀末から1世紀初め頃のローマの政治家。軍人としても有名。前6年モエシアの総督としてパンノニアの反徒からシルミウムを守り,ダキア人,サルマチア人に対しても防衛した。前1年執政官 (コンスル ) に就任。 14年ガリア地方の総督。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android