コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエサレア[パレスチナ] Caesarea of Palaestina(Palestine)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエサレア[パレスチナ]
Caesarea of Palaestina(Palestine)

地中海に面した古代パレスチナの港町。ハイファの南方約 35kmに位置する。現イスラエルのキサルヤ。前 22~10年頃ヘロデ大王フェニキアの町跡にセバステの外港として典型的なギリシア・ローマ式町並みの港を建設,ローマ皇帝アウグスツス・カエサルの名を冠した。ここを基地にヘロデの海軍が黒海にまで遠征した。初期キリスト教にとってもゆかりの地で,ローマに護送される途中使徒パウロがここにつながれ,ラビ,アキバを含む 10人のユダヤ指導者が迫害,殺害された。そのためこの町に発生した反乱がローマ人による 70年のエルサレム破壊へと拡大した。その後ユダヤ地方の行政中心地となって栄えたが,ビザンチン後期から衰退,イスラムとキリスト教勢力の間で争奪が繰返され,1265年マムルーク朝のバイバルス 1世によって破壊された。 1950年以降古代の重要な遺跡が次々と発掘され,キリストを裁いたローマの総督 P.ピラトの碑文も発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android