カスザメ(英語表記)Squatina japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスザメ
Squatina japonica

カスザメ目カスザメ科の海水魚。全長 2m内外。エイ類のように平たい体であるが,鰓孔は胸鰭前縁の切れ込みの体側面に開く。吻は短くて鈍い。体は茶褐色で小黒点が密にある。浅海底にすみ,ときに砂にもぐる。底生動物(→底生生物)を主食にしている。胎生。日本各地から東シナ海に分布する。皮はじょうぶで,昔は「さめやすり(→やすり)」として珍重された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カスザメ【Squatina japonica】

ツノザメ目カスザメ科の海産魚(イラスト)。英名は胸びれの形からmonkfish(修道士の服装に似た形の魚)またはangel shark(天使の翼のように胸びれの広がったサメ)という。カスザメ科Squatinidaeには日本近海にカスザメとコロザメS.nebulosaの2種がいるが,カスザメでは胸びれの外角が直角よりやや大きめであるが,コロザメでは120度以上開くことで区別される。本州中部以南の浅海に生活する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスザメ
かすざめ / 糟鮫
angel shark
[学]Squatina japonica

軟骨魚綱サメ目カスザメ科に属する海水魚。本州中部以南の日本各地、および黄海、東シナ海に分布する。ときに北海道南部でもみられることがある。体がエイ類のように縦扁(じゅうへん)していることが大きな特徴であるが、鰓孔(さいこう)の位置が側面にあることで区別できる(エイ類では体の腹面にある)。この属には世界に十数種が知られ、日本近海にはカスザメのほかにコロザメS. nebulosaが分布している。カスザメは胸びれの外角が直角よりやや大きい角度をなすこと、両眼の間の長さは目の直後にある噴水孔といわれる孔(あな)の左右の間の長さより短いこと、腹びれの後端は第1背びれの起部にはるかに達しないことなどでコロザメと区別できる。全長2メートルくらいになる。海底生活をし、ときに砂に潜る。餌(えさ)は底生魚や底生動物。生殖は卵胎生(らんたいせい)で春に10尾内外の仔魚(しぎょ)を産む。練り製品の原料になるほか、その粗い皮膚はやすり、刀剣の柄の滑り止めなどにされる。[仲谷一宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カスザメの関連情報