コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カストレン Castrén, Matthias Alexander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カストレン
Castrén, Matthias Alexander

[生]1813.12.2. テルボラ
[没]1852.5.7. ヘルシンキ
フィンランドの言語学者,民族学者。ウラル語比較言語学の事実上の建設者。 1838年ヘルシンキ大学卒業。同年からロシア,スカンジナビアなどの調査を始めたが,特に 41~44,45~49年の2回にわたり西シベリアを実地調査し,サモイェード語派を中心にウラル語族,アルタイ諸語,古シベリア諸語に関する言語学的,民族学的資料を広範囲に収集した。 51年ヘルシンキ大学教授となったが,翌年死亡。 20ヵ国語の文法や辞典を編み,フィン=ウゴル語派,サモイェード語派,チュルク諸語,モンゴル語,ツングース語がウラル=アルタイ語族をなし,フィンランド人もこれらの言語の話し手もその原郷はアルタイサヤン高地にあると主張して,トゥラン運動の祖となった。著書は『オスチャーク語文法の研究』 Versuch einer ostjakischen Sprachlehre (1858) など多数。シベリア調査の遺稿は,『北方旅行踏査』 Nordische Reisen und Forschungen (12巻,53~58) として出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カストレン
かすとれん
Matias Aleksanteri Castrn
(1813―1852)

フィンランドの言語学者。1851年にヘルシンキ大学のフィンランド語および文学教授となる。とくにサモエード諸語を調査し、その文典と辞書を著した。さらに、サーミ語、ハンティ語、タタール語、ツングース語を研究して、これら言語の文法を記述するとともに、ウラル語とアルタイ語が親縁関係にあるという仮説を発表し、日本語の系統論に大きな影響を与えた。[小泉 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

カストレン

生年月日:1813年5月7日
フィンランドの言語学者
1852年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

カストレンの関連キーワードフィンランド文学協会アルタイ諸言語生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android