コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カストレン カストレン Castrén, Matthias Alexander

2件 の用語解説(カストレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カストレン
カストレン
Castrén, Matthias Alexander

[生]1813.12.2. テルボラ
[没]1852.5.7. ヘルシンキ
フィンランドの言語学者,民族学者。ウラル比較言語学の事実上の建設者。 1838年ヘルシンキ大学卒業。同年からロシアスカンジナビアなどの調査を始めたが,特に 41~44,45~49年の2回にわたり西シベリアを実地調査し,サモイェード語派を中心にウラル語族アルタイ諸語古シベリア諸語に関する言語学的,民族学的資料を広範囲に収集した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カストレン
かすとれん
Matias Aleksanteri Castrn
(1813―1852)

フィンランドの言語学者。1851年にヘルシンキ大学のフィンランド語および文学教授となる。とくにサモエード諸語を調査し、その文典と辞書を著した。さらに、サーミ語ハンティ語タタール語ツングース語を研究して、これら言語の文法を記述するとともに、ウラル語とアルタイ語が親縁関係にあるという仮説を発表し、日本語の系統論に大きな影響を与えた。[小泉 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カストレンの関連キーワード照る照る坊主聖バルボラ教会聖バルボラ大聖堂てるてる坊主ル・ボランパーアルボラナイトカルボランツルボラン属ダブルボランチヒストリカル・ボラティリティ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone