コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナビキソウ カナビキソウ Thesium chinense

3件 の用語解説(カナビキソウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナビキソウ
カナビキソウ
Thesium chinense

ビャクダン科の多年草。本州,四国,九州,および朝鮮半島,中国に分布する。日当りのよい原野の草地に生える。茎葉は白緑色で,他の植物の根に半寄生している。茎は高さ約 30cmで根もとから多数の枝に分れ,葉は線形で互生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カナビキソウ【Thesium chinense Turcz.】

日当りのよい芝地などに生えるビャクダン科の多年草(イラスト)。半寄生性で,他の草の根に寄生し養分を得る。高さ15~30cm,全体無毛で淡緑色。柄のない葉は互生で,長さ1~5cmの線形。5月ころ,葉腋(ようえき)に白色の小花をつける。果実は直径約2mmの楕円状球形で,先端に宿存性の花被片が残っている。本州,四国,九州,琉球,朝鮮,中国の暖地に分布する。日本にはもう1種カマヤリソウT.refractum C.A.Mey.があり,北海道,南千島,サハリン,朝鮮,中国北部,シベリアに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナビキソウ
かなびきそう / 鉄引草
[学]Thesium chinense Turcz.

ビャクダン科の多年草。日当りのよい芝地などによく生え、他種の根に半寄生する。全草無毛ですこし粉白色を帯びる。茎は数本叢生(そうせい)し高さ15~35センチメートル。葉は互生し長さ1~4センチメートル、幅1~3ミリメートルほどの線形で先端はとがり、やや多肉質。花は4~6月、葉腋(ようえき)に単生し、花柄は短く葉の下部と合生し、花下に2枚の小包葉がある。花は両性で小さく、表面は淡緑色、裏面は白色、花被(かひ)は子房に合着して筒状となり、先端は4~5裂する。雄しべは4~5本、果実は楕円(だえん)状球形で長さ2~3ミリメートル、先端に花被裂片を残存し、緑色で表面には網状に隆起する脈がある。名は、鉄引草の字をあてるが意味は不明。本州、四国、九州、沖縄および朝鮮、中国に分布する。同属のカマヤリソウT. refractum C. A. Mey.はやや大形で明らかな花柄があり、北海道からシベリアなど温帯北部に分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナビキソウの関連キーワードビャクダン(白檀)敦盛草雄日芝金白檀サンダルウッド白檀白檀香白檀油当り狂言日当り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone