コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバー遺跡 カバーイセキ

デジタル大辞泉の解説

カバー‐いせき〔‐ヰセキ〕【カバー遺跡】

Kabah》メキシコ、ユカタン半島北西部の都市、メリダの南方約70キロメートルにあるマヤ文明の遺跡。この遺跡の北西約20キロメートルにあるウシュマル遺跡と同じく、プウク様式と呼ばれる複雑なモザイク装飾が見られる。共通の特徴が遺跡に多く見られることから、カバーとウシュマルの二つの町は姉妹都市であったと考えられている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

カバーいせき【カバー遺跡】

メキシコユカタン州の州都メリダにある遺跡。850~900年に建設され、壁面を独特のモチーフで飾るプーク様式が特徴的である。特に、別名「仮面の神殿」の異名を持つコズポープの壁一面に施された雨神チャクの装飾は圧巻といわれる。雨の少ない地域で、人々がどれほど雨を望んでいたかがわかる。ほかに、石柱の寺院や凱旋門といわれているマヤの疑似アーチなども見逃せないといわれる。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

カバー遺跡の関連キーワードウシュマル遺跡サイール遺跡

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android