カフエ(英語表記)Kafue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフエ
Kafue

ザンビア中南部の都市。ルサカ南南西約 50km,標高約 1000mの高地に位置。綿花サトウキビなど農産物集散,加工の中心地で,日本が協力した窒素肥料兼鉱山用爆薬の工場もある。カフエ川が形成する湖にのぞみ,付近に水力発電所がある。人口2万 9794 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カフエの関連情報