コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブラヤガ(蕪夜蛾) カブラヤガAgrotis segetum

1件 の用語解説(カブラヤガ(蕪夜蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カブラヤガ【カブラヤガ(蕪夜蛾) Agrotis segetum】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。英名をturnip mothといい,和名カブラヤガはこれに由来するが,幼虫は各種の蔬菜(そさい)類や草花など,圃場(ほじよう),庭園の害虫として著名である。開張4cm内外。前翅の色彩にはかなり変異があるが,雄では淡い灰褐色,雌ではやや暗色を帯びる。後翅も雄では白色に近く,雌では灰色を帯び翅脈が暗色を呈する。幼虫は昼間は地表に潜み,夜間低い植物上に上って葉を食べる。このガの幼虫がネキリムシ(根切虫)と呼ばれるのは,草花や作物の苗の根際に加害切断して茎を倒す習性があるためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone