カブラヤガ(蕪夜蛾)(読み)カブラヤガ(英語表記)Agrotis segetum

世界大百科事典 第2版の解説

カブラヤガ【カブラヤガ(蕪夜蛾) Agrotis segetum】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。英名をturnip mothといい,和名カブラヤガはこれに由来するが,幼虫は各種の蔬菜(そさい)類や草花など,圃場(ほじよう),庭園の害虫として著名である。開張4cm内外。前翅の色彩にはかなり変異があるが,雄では淡い灰褐色,ではやや暗色を帯びる。後翅も雄では白色に近く,雌では灰色を帯び翅脈が暗色を呈する。幼虫は昼間は地表に潜み,夜間低い植物上に上って葉を食べる。このガの幼虫がネキリムシ(根切虫)と呼ばれるのは,草花や作物の苗の根際に加害切断して茎を倒す習性があるためである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android