コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブラヤガ(蕪夜蛾) カブラヤガ Agrotis segetum

1件 の用語解説(カブラヤガ(蕪夜蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カブラヤガ【カブラヤガ(蕪夜蛾) Agrotis segetum】

鱗翅目ヤガ科の昆虫。英名をturnip mothといい,和名カブラヤガはこれに由来するが,幼虫は各種の蔬菜(そさい)類や草花など,圃場(ほじよう),庭園の害虫として著名である。開張4cm内外。前翅の色彩にはかなり変異があるが,雄では淡い灰褐色,雌ではやや暗色を帯びる。後翅も雄では白色に近く,雌では灰色を帯び翅脈が暗色を呈する。幼虫は昼間は地表に潜み,夜間低い植物上に上って葉を食べる。このガの幼虫がネキリムシ(根切虫)と呼ばれるのは,草花や作物の苗の根際に加害切断して茎を倒す習性があるためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カブラヤガ(蕪夜蛾)の関連キーワード鱗翅類蝙蝠蛾小菜蛾尺蛾毒蛾虎蛾夜蛾甘藍夜蛾巴蛾紅下翅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone