コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カホキア・マウンド Cahokia Mounds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カホキア・マウンド
Cahokia Mounds

アメリカ合衆国,イリノイ州南西部,セントルイスの東約 15kmのミシシッピ川流域にある遺跡。 10世紀から 17世紀にかけ先住民によってつくられたピラミッド様のマウンド (土塁) で,住居,墳墓の土台とみなされており,その数は 120にも及ぶ。集落全体は土壁で囲まれており,その内部で生活していたものと思われ,1万人以上の人間が生活する要塞都市でもあった。なかでもモンクス・マウンドと呼ばれる長さ 304m,幅 213m,高さ 30mの土塁は,ピラミッド以上の規模がある。これらの遺跡に関する史料はなにも残されていないが,出土品などから,ミシシッピ文明は 12世紀頃この一帯で最盛期を迎えたと思われる。州の史跡として保全されており,1982年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カホキア・マウンド

アメリカ合衆国イリノイ州の南西部,ミズーリ州セント・ルイスの北約15kmにある遺跡。コロンブスの新大陸到達以前の先住民カホキアの8−14世紀の集落跡で,30mもの高さに土を盛り上げて造った丘(マウンド)が100以上も残る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

カホキア・マウンドの関連キーワードカホキア墳丘群