コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カボス

4件 の用語解説(カボスの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

カボス

 [Citrus sphaerocarpa].ムクロジミカン科ミカン属.ダイダイ系の柑橘類の一つ.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カボス

かぶす,臭橙(しゅうとう)とも。柑橘(かんきつ)類の一種でダイダイに似る。青い実の汁は酸味に富み香りがよいので酢の物,ちりや洗いのつけ汁に用いる。大分県が主産地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カボス【Citrus sphaerocarpa Hort.ex Tanaka】

初秋から冬季にかけ出荷される,大分県特産の調味用かんきつ類の一つ。ミカン科の常緑広葉樹。名は,ダイダイの古名カブスから転訛したといわれる。大分県に古くから分布する。臼杵市,竹田市を中心に樹齢100年を超えるものが多数あり,元祖樹は樹齢200年以上と推定されている。ユズ近縁種と思われるが,起源は明らかでない。かんきつ類の中では寒さに強く,年平均14~15℃のところまで栽培できる。近年,主として,大分,宮崎県で増植されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カボス
かぼす
[学]Citrus sphaerocarpa hort. ex Tanaka

ミカン科の常緑小高木。大分県に古木がある。ユズの近縁種。葉はやや小形で翼葉がある。果実は11月に黄色となり、果面は粗く、剥皮(はくひ)はすこしむずかしい。果頂部に不明瞭(ふめいりょう)な凹環(おうかん)がある。収穫は色づく前の9、10月にする。果実は110グラムくらいで、9室があり、緑色の多胚性(たはいせい)種子が25個ほどある。果肉は淡黄色で柔らかく、多汁。酸味が強く生食には適さないが、芳香があり、風味に優れ、食酢用として珍重される。とくに日本料理によく調和する。耐寒性はやや強く、平均気温14~15℃の地方に適し、大分県下に多く栽培される。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カボスの関連キーワードキンコウジイヨカンウンシュウミカンオレンジキシュウミカンキヌカワクネンボグレープフルーツサンボウカンスダチ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カボスの関連情報