コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カポネ Capone, Alphonse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カポネ
Capone, Alphonse

[生]1899
[没]1947
アメリカのギャング団のボス。シカゴとその周辺の犯罪組織を支配した。 1925年から,32年に脱税で逮捕されるまでの間が活動の最盛期で,禁酒法下で酒の密売を牛耳って巨利を得た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カポネ

通称〈アル・カポネ〉。米国のギャング団の首領。ナポリに生まれ,幼時米国に移住。1920年代禁酒法成立後シカゴを本拠に市の政界・警察を買収して売春,賭博(とばく),酒類密売の大組織を動かし,巨額の収入を得た。
→関連項目イリノイ[州]コネリーホークス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カポネ【Alphonso Capone】

1899‐1947
アメリカのギャングの首領。通り名〈アル・カポネ〉〈スカーフェース(向こう傷の)・アル〉。イタリアのナポリに生まれ,アメリカに移住後,まずニューヨークのギャングに加わって頭角を現し,1920年シカゴに移った。ちょうどこの頃禁酒法が実施されることになったが,カポネは酒の密造・密売などの違法行為で巨額の利益をあげ,豊富な資金をもとに縄張を急速に広げ,シカゴを中心に支配網を全国的に拡大した。それだけに対立したり競争関係に立つギャングとの抗争は絶えなかったが,自動車とマシンガンを駆使して機動力に富む攻撃を行い,敵対者を容赦なく殺傷した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カポネ【Alphonso Capone】

1899~1947) アメリカのギャングの首領。通称アル=カポネ。イタリア移民。禁酒法下、酒の密売で巨利を得、シカゴを拠点に全米に犯罪組織を広げた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カポネ
かぽね
Al Capone
(1899―1947)

アメリカのギャング。ニューヨークで貧しいイタリア系移民の家に生まれ、少年時代から犯罪組織に関係。21歳のときシカゴに移る。この年(1920)アメリカは憲法修正第18条(いわゆる禁酒法)によって禁酒の国になり、その結果、密造酒と密輸の酒は暗黒街の巨大な財源になった。とくにイタリア系のギャング(マフィア)が闇(やみ)酒でもうけて、勢力を拡大した。カポネはその代表的なボスの座を獲得、「暗黒街の帝王」とよばれた。政界・警察を買収し、1927年には一億数千万ドルの所得があったといわれる。29年2月の「聖バレンタインデーの虐殺」など数多くの殺人・暴力事件の影の主役であった。31年、脱税によって懲役11年の判決を受け、サンフランシスコ湾のアルカトラズ刑務所などに服役、39年に出所したが、すでに梅毒に冒されていて、暗黒街に復帰することはなかった。[常盤新平]
『猿谷要・城山三郎・常盤新平編『人物アメリカ史5 カポネの時代』(1984・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カポネの関連キーワードネヘマイア パーソフジュリア マンクーゾアンディ ガーシアサンフランシスコアンタッチャブルチャーリィ湯谷和気 律次郎A. カポネ暗黒街の顔役イリノイ州1月17日アルカポネ山城 新伍常盤新平推理小説鈴木清順火野正平民衆の敵最盛期シセロ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カポネの関連情報