カミーユ ピサロ(英語表記)Camille Pissarro

20世紀西洋人名事典の解説


1830.7.10 - 1903.11.12
デンマークの画家。
セント・トマス(アンティル諸島)生まれ。
1855年パリへ渡り、万国博覧会の美術展でクールベコローの作品に感銘を受け、写実主義と外光主義を経て、印象派となる。1885年スーラに感化され新印象主義の手法で描くが、晩年は印象主義の描法に戻り、エラニーで田園の描きながら、パリやルーアンなどで都会の風景を描く。風景画に重点をおき、田園の詩情の誠実な表現を特色とし、セザンヌゴーギャンカサットなどに影響を与える。代表作に「赤い屋根」(1877年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1830年7月10日
フランスの画家
1903年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android