コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カムシン カムシンkhamsin

翻訳|khamsin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カムシン
khamsin

局地風の一つで,エジプト砂漠地方に吹く乾いた熱風。アルジェリアシリアアラビアの砂漠ではサムムと呼ばれている。いずれも塵埃や土砂を空中高く吹き上げ,気温は 50℃くらいまで上がる。このとき,地平線砂塵のために見えなくなり,太陽は鉛色をしてほとんど陰影を生じない。イラクバグダードでは 5月から 9月の終わり頃までが,エジプトでは 3月下旬から 5月上旬までが,それぞれ最も多くカムシンのみられる期間である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カムシン

イタリアのマセラティが1973年から1982年まで製造、販売していた乗用車。2ドアクーペ。4人乗り。ギブリの後継車として開発された高級スポーツカー。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カムシン
かむしん
Khamsin

北アフリカおよびアラブ地方に吹く南東の乾熱風。風名はアラビア語の「50」に由来するが、この風は冬の終わりから春の初めにかけて吹き出したら50日以上も吹き続けるところから、このように名づけられた。この風が吹くと気温は38~48℃くらいまであがる。この風は、地中海上に高気圧があって、サハラやアフリカの地中海岸を低気圧が東進してくるときに吹く。リビアの海岸地方ではこの風をギブリGhibliというが、これは地中海のヨーロッパ側で吹くシロッコと同じ系統の風である。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカムシンの言及

【風】より

…砂漠上の高温な大気に相対的に冷たい大気が侵入し,強い対流現象が起こるために発生する。 ハムシンkhamsinカムシンともいう。エジプトで春に吹く南寄りの風で,大量の砂ほこりを運んできて,視程がきわめて悪くなる。…

※「カムシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カムシンの関連キーワード世界のおもな局地風サハラ砂漠イタリア根本順吉カイロ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android